リトル・ハッカー―「ハッカー」になった子供たち [単行本]

販売休止中です

    • リトル・ハッカー―「ハッカー」になった子供たち [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
100000009000228309

リトル・ハッカー―「ハッカー」になった子供たち [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
日本全国配達料金無料
出版社:翔泳社
販売開始日: 2003/12/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

リトル・ハッカー―「ハッカー」になった子供たち [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    疲労した米国社会とインターネットが生んだ新世代の子供たち=ティーンエイジ・ハッカー。その意外な素顔に迫るノンフィクションの傑作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「ジェノサイド」―コロンバインからハッキングへ
    第2章 反乱―ジョー・マギーと「Noid」
    第3章 マフィアボーイを探せ―クレイモア作戦
    第4章 二人のスクリプト小僧―Pr0metheusとExplotion
    第5章 悩めるハッカー集団―World of Hell
    第6章 サイバーシック―スターラ・ピュアハート
    第7章 らしくない善玉ハッカー―ウィリー・ゴンザレス
    第8章 ティンカー・ティーン・ハッカー・スパイ―HD・ムーアの物語
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ヴァートン,ダン(ヴァートン,ダン/Verton,Dan)
    ワシントンDCのコンピュータワールド紙のシニアライターであり、ベテランの調査レポーター。コンピュータセキュリティや国家安全保障に関する多くのストーリーを執筆している。ウェブ上ではCNNやInfoWorld、PC World、Information Security Magazineなどに定期的に寄稿している。1999年から2000年にかけて、技術ジャーナリストとしてコソボ紛争などにおける米軍によるサイバー戦術について取材し、ハッカーからコソボ難民、世界中のサイバー戦士やアメリカ国防長官にまでインタビューした。そのキャリアによって、軍事サイバー作戦の前線から、アメリカでのハッカー戦争の前線に著述の手を広げている

    山形 浩生(ヤマガタ ヒロオ)
    1964年東京生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務のかたわら、小説、経済、ネット文化、コンピュータなど無節操なほどに広範な分野での翻訳および各種の雑文書きに手を染める。フリーソフトの社会経済的な意義に関しても造詣が深い

    守岡 桜(モリオカ サクラ)
    1975年京都生まれ。大学在学中に米国ワシントン州に留学。大学教授秘書、学長秘書を経て現在に至る。在職中より広範な分野での翻訳を手がけ、料理から医学、はてはフリーソフト、ハッキングなどにも世界を広げる

リトル・ハッカー―「ハッカー」になった子供たち [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:ダン ヴァートン(著)/山形 浩生(訳)/守岡 桜(訳)
発行年月日:2003/12/15
ISBN-10:4798102830
ISBN-13:9784798102832
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
ページ数:373ページ
縦:19cm
その他: 原書名: The Hacker Diaries:Confessions of Teenage Hackers〈Verton,Dan〉
他の翔泳社の書籍を探す

翔泳社 リトル・ハッカー―「ハッカー」になった子供たち [単行本] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!