逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎(小学館文庫) [文庫]
    • 逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎(小学館文庫) [文庫]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000291882

逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎(小学館文庫) [文庫]

  • 3.5
価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 1998/12/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎(小学館文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本人の「平和意識」には、ケガレ思想に基づく偏見があり、特に軍隊というものに対する見方が極めて厳しく、「軍隊無用論」のような世界の常識では有り得ない空理空論をもてあそぶ傾向が強い。また、なぜ世界でも稀な「部落差別」が生れたのか。差別意識を生むケガレ忌避思想を解明し、その精神性の本質に迫る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    『古今和歌集』と六歌仙編―“怨霊化”を危険視された政争の敗者
    藤原摂関政治の興亡(良房と天皇家編―平安中期の政治をめぐる血の抗争;『源氏物語』と菅原道真―ライバル一族を主人公にした謎;「反逆者」平将門―初めて武士政権の論理を示した男)
    院政と崇徳上皇編―法的根拠なき統治システムの功罪
    武士はなぜ生まれたのか編―「差別」を生み出したケガレ忌避信仰
    平清盛と平氏政権編―「平家滅亡」に見る日本民族の弱点
  • 内容紹介

    封印された歴史をウラ側から読み解く第4弾!

    日本人の「平和意識」には、ケガレ思想に基づく偏見があり、特に軍隊というものに対する見方が極めて厳しく、「軍隊無用論」のような、世界の常識では有り得ない空理空論をもてあそぶ傾向が強い。また、差別意識を生むケガレ忌避思想を解明し、その精神性の本質に迫る。第一章/『古今和歌集』と六歌仙編・"怨霊化"を危険視された政争の敗者、第二章/良房と天皇家編平安中期の政治をめぐる血の抗争 ほか全七章。解説・川村亨夫。

逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎(小学館文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:井沢 元彦(著)
発行年月日:1999/01/01
ISBN-10:4094020047
ISBN-13:9784094020045
判型:文庫
発売社名:小学館
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:438ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!