JavaからRubyへ―マネージャのための実践移行ガイド [単行本]

販売休止中です

    • JavaからRubyへ―マネージャのための実践移行ガイド [単行本]

    • ¥2,376143ポイント(6%還元)
100000009000444160

JavaからRubyへ―マネージャのための実践移行ガイド [単行本]

価格:¥2,376(税込)
ポイント:143ポイント(6%還元)(¥143相当)
日本全国配達料金無料
出版社:オライリー・ジャパン
販売開始日:2007/09/04
ご確認事項:返品不可、プレゼント包装不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 777143位

JavaからRubyへ―マネージャのための実践移行ガイド の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は「JavaからRubyへ」の移行を実践するためのガイドです。現在Javaでソフトウェアを開発している組織、すなわちメインストリームのソフトウェア開発組織が、Ruby導入のリスクとメリットについて検討するための材料をビジネスの視点から幅広く提供する「実用書」です。情報の収集や分析でのポイントの押さえ方、パイロットプロジェクトの作戦、Javaで構築された既存システムとの統合戦略、Ruby開発要員の採用や育成など、Rubyに限らず、組織レベルでの新興テクノロジ導入にあたって考慮すべき事項をひと通りカバーしています。あわせて具体的な事例や実践者へのインタビューも多数掲載。Javaで開発を行っている組織のマネージャ、マネージャへRubyの導入を提案したい開発者、必読の一冊です。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 はじめに
    2章 苦痛
    3章 評価の確立
    4章 パイロット
    5章 孤島にて
    6章 橋
    7章 普及
    8章 リスク
    9章 参考文献
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    テイト,ブルース・A.(テイト,ブルースA./Tate,Bruce A.)
    テキサス州Austinでコンサルタントとして活動中。2001年にJ2Life、LLCを設立。Javaフレームワークと軽量開発メソッドに特化したコンサルタントを行っており、顧客にはFedEx、BEAなどが名を連ねる。現在は、カンファレンスやJavaユーザグループのセミナーのスピーカとして全米各地を飛びまわっているが、かつてはデータベース、オブジェクト指向基礎開発を行っていた経験を持ち、Java技術者としてIBMに13年間在籍していた。IBMを離職後、Pervado SystemsというAustinにあるスタートアップ企業にてクライアントサービスの立ち上げに参加、その後、Javaパフォーマンスツールのベンダ、IronGridのCTOを務めた

    角谷 信太郎(カクタニ シンタロウ)
    テスト駆動開発者。日本Rubyの会理事。株式会社永和システムマネジメントサービスプロバイディング事業部所属プログラマ。1998年、立命館大学法学部卒業後、独立系SIベンダにてSEとしての勤務を経て、2003年より現職

JavaからRubyへ―マネージャのための実践移行ガイド の商品スペック

商品仕様
出版社名:オライリー・ジャパン
著者名:ブルース・A. テイト(著)/角谷 信太郎(訳)
発行年月日:2007/04/20
ISBN-10:4873113202
ISBN-13:9784873113203
判型:A5
発売社名:オーム社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
ページ数:196ページ
縦:21cm
その他: 原書名: From Java to Ruby〈Tate,Bruce A.〉

オライリー・ジャパン JavaからRubyへ―マネージャのための実践移行ガイド [単行本] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!