魅せる写真術―発想とテーマを生かす撮影スタイル [単行本]

販売を終了しました

    • 魅せる写真術―発想とテーマを生かす撮影スタイル [単行本]

100000009000448998

魅せる写真術―発想とテーマを生かす撮影スタイル [単行本]

販売終了時の価格: ¥2,079(税込)
出版社:インプレス
販売開始日: 2007/05/26(販売終了商品)
お取り扱い: のお取り扱い商品です。

販売を終了しました

魅せる写真術―発想とテーマを生かす撮影スタイル [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    銀塩でも、デジタルでも、写真術として常に変わらないものは何か―それは写真の「イメージ」としての、魅力的な特性に尽きます。デジタルか、アナログか、という問題は「入力(カメラ)」と「出力(フィルムか画像ファイルか)」の問題です。その中間にある「イメージ」については、共通の法則なり、鉄則に支えられています。この本では、過去から未来永劫「変わらない法則」という切り口から、写真術を楽しく解き明かします。初心者からプロのクリエイターまで魅了してやまない「魅せる写真術」の世界を、知性+感性に訴えながら、どうすればその特性を活かした撮影ができるのか、実践に即してガイドしていきます。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 写真の基礎知識(カメラのフォーマット、画質と高機能の基準
    露出と絞り、シャッタースピード
    レンズと画角 ほか)
    第2章 写真の「変わらない法則」とは?(光をつかまえる
    さまざまな光
    光の色と粒状性 ほか)
    第3章 「魅せる写真術」の撮影スタイル(光の射し方と表現
    光と影の表現
    黄昏時の光で撮る ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊藤 美露(イトウ ミロ)
    写真家・美学家。ドイツで写真アーティストとして活動した後、NYに移住。アートからドキュメンタリー、ヌードからセレブリティ・ポートレイトまで、ジャンルを越えて、世界の第一線の写真クリエーションの世界で活動。慶應義塾大学にて美学美術史専攻を卒業後、渡独。ドイツ国立ルール大学にて哲学を、エッセン大学にて写真と応用美術を学ぶ。ドイツ・ジャーナリスト連盟(1989~2002)、日本写真協会、日本写真芸術学会、NY Art Directors Club会員

魅せる写真術―発想とテーマを生かす撮影スタイル [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:エムディエヌコーポレーション
著者名:伊藤 美露(著)
発行年月日:2007/06/01
ISBN-10:4844359215
ISBN-13:9784844359210
判型:B5
発売社名:インプレスコミュニケーションズ
対象:実用
発行形態:単行本
内容:写真・工芸
ページ数:159ページ
縦:26cm
他のインプレスの書籍を探す

インプレス 魅せる写真術―発想とテーマを生かす撮影スタイル [単行本] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!