組込みソフトの開発現場につける薬(技評SE新書) [単行本]

販売休止中です

    • 組込みソフトの開発現場につける薬(技評SE新書) [単行本]

    • ¥90728ポイント(3%還元)
100000009000495996

組込みソフトの開発現場につける薬(技評SE新書) [単行本]

価格:¥907(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
日本全国配達料金無料
出版社:技術評論社
販売開始日:2008/01/26
ご確認事項:返品不可、プレゼント包装不可

組込みソフトの開発現場につける薬(技評SE新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    市場の多様化によって組込み機器はさらなる「高品質」「高機能」「高性能」なものとなり、それらを実現する組込みソフトウェア開発は「短納期」「低コスト」に加え、生産性向上を伴う「開発技術の変革」が求められている。このような厳しい状況を打開するヒントが詰まった組込みエンジニア必携の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 組込みソフトを取り巻く環境の変化
    第2章 なぜ改善・改革ができないのか
    第3章 開発管理の必要性
    第4章 開発管理の基礎
    第5章 CMMやPMBOKがすべてではない
    第6章 理想の開発チームを作る
    第7章 開発管理の実践
    第8章 開発管理を成功させるコミュニケーション
    第9章 開発チームをより成熟させる
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    杉浦 英樹(スギウラ ヒデキ)
    1986年富士ゼロックスに入社。「何処にも青山あり」の言葉のとおり、言われるがままに組込み制御ソフトウェア開発を開始。以来、組込みソフトウェア開発全般に没頭。アセンブラによる機械制御から、構造化手法へのパラダイムシフトを経て、オブジェクト指向による組込みソフトウェア開発へパラダイムチェンジ。開発手法の変革の中で、開発プロセスと開発管理の必要性を身をもって体験できた。昨今は、組込みソフトウェア開発に関する技術プロデュースを中心に、さらなる効率化を推進している。「ソフトウェアは、シンプルでわかりやすくなければならない」が信念。SESSAME(組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会)コミュニティ会員

組込みソフトの開発現場につける薬(技評SE新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:杉浦 英樹(著)
発行年月日:2008/02/10
ISBN-10:4774133612
ISBN-13:9784774133614
判型:新書
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
ページ数:219ページ
縦:18cm

技術評論社 組込みソフトの開発現場につける薬(技評SE新書) [単行本] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!