手にとるように小売・流通がわかる本―新しい"顧客接点"をつくり出す仕組みとは?(「手にとるようにわかる」シリーズ) [単行本]
    • 手にとるように小売・流通がわかる本―新しい"顧客接点"をつくり出す仕組みとは?(「手にとるようにわかる」シリーズ) [単...

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000507005

手にとるように小売・流通がわかる本―新しい"顧客接点"をつくり出す仕組みとは?(「手にとるようにわかる」シリーズ) [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:かんき出版
販売開始日: 2008/03/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

手にとるように小売・流通がわかる本―新しい"顧客接点"をつくり出す仕組みとは?(「手にとるようにわかる」シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    小売・流通が急速に変化している。それは生産者も消費者も巻き込み街づくりや環境にも影響を与える。本書は過去・現在2度の流通革命を軸に小売・流通の基本から最新動向までを、現場と理論の両面からやさしく解説する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    Prologue 流通の社会的重要性―文明社会は流通の上に成り立っている
    1 流通の役割としくみ―社会の要請が流通を形づくる
    2 小売業とは何か―暮らしのそばで消費者をみつめる
    3 卸売業とは何か―生産と消費の間でバランスをとる
    4 チェーン・オペレーションとは何か―流通の各要素を結びつける
    5 流通の変化とメーカーの対応―首位単独から連係プレーへ
    6 マーケティング起点の営業・販売―製造から販売まで連動させる
    7 情報化と流通―情報システムの開発で流通が激変する
    8 CSRと流通の関係―流通は社会と消費者に貢献する
    9 近未来の流通―流通が主役を演じる場が増える
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上原 征彦(ウエハラ ユキヒコ)
    明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授。東京大学経済学部卒業、日本勧業銀行(現みずほ銀行)、(財)流通経済研究所、明治学院大学経済学部助教授、同教授、ペンシルヴァニア大学客員教授を経て、2004年より現職。専攻はマーケティング戦略論、流通論。政府の産業構造審議会委員として流通部会長、サービス部会長を務める

    坂上 眞介(サカガミ シンスケ)
    筑波大学第一学群社会学類(経済学専攻)卒業、明治学院大学大学院商学専攻修士課程修了。(株)市場開発研究所代表取締役、工学院大学工学部非常勤講師

    中 麻弥美(ナカ マヤミ)
    明治学院大学経済学部商学科卒業、筑波大学経営・政策科学研究科経営システム科学専攻修士課程修了。(株)コムテックシニアコンサルタント

手にとるように小売・流通がわかる本―新しい"顧客接点"をつくり出す仕組みとは?(「手にとるようにわかる」シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:かんき出版
著者名:上原 征彦(著)/坂上 眞介(著)/中 麻弥美(著)
発行年月日:2008/03/11
ISBN-10:4761265051
ISBN-13:9784761265052
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:253ページ
縦:19cm
その他:『手にとるように流通のことがわかる本』改訂・改題書
他のかんき出版の書籍を探す

    かんき出版 手にとるように小売・流通がわかる本―新しい"顧客接点"をつくり出す仕組みとは?(「手にとるようにわかる」シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!