アメリカが隠し続ける金融危機の真実―そして最後まで奪われる日本 [単行本]

販売休止中です

    • アメリカが隠し続ける金融危機の真実―そして最後まで奪われる日本 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009000562906

アメリカが隠し続ける金融危機の真実―そして最後まで奪われる日本 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
日本全国配達料金無料
出版社:青春出版
販売開始日: 2008/12/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。

アメリカが隠し続ける金融危機の真実―そして最後まで奪われる日本 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    闇の支配者が描く次に起こる衝撃のシナリオ。青い目のジャーナリストがテレビ・大新聞が伝えられない“本当の動き”を暴く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 アメリカが仕組んできた「資本原理主義」の終焉(きっかけにすぎなかった“リーマン破綻”
    「証券化」は巨大なねずみ講のシステム ほか)
    第2章 “ドル”というねずみ講の正体が明らかになった日(ドルはなぜ世界の基軸通貨になれたのか
    「双子の赤字」がドルと金の交換停止を促進 ほか)
    第3章 金融危機を引き起こした“闇の権力者”の正体(アメリカによる世界支配を目論んできた軍産複合体
    ネオコンの描いていた“未来予想図”とは ほか)
    第4章 生まれつつある新たな世界への枠組み(古代から受け継がれてきた民衆支配の方法
    寡占状態にあるアメリカの大手マスコミ ほか)
    第5章 日本はアメリカ後の世界を生き抜けるか(実物の裏づけがない「金」を買ってはいけない
    これからさらに没落する国・伸びていく国 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    フルフォード,ベンジャミン(Fulford,Benjamin)
    1961年カナダ生まれ。80年代に来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。その後再来日し、日経ウィークリー記者、米経済誌「フォーブス」アジア太平洋支局長などを経て、現在はフリーランスジャーナリスト、ノンフィクション作家として活躍中

アメリカが隠し続ける金融危機の真実―そして最後まで奪われる日本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:青春出版社
著者名:ベンジャミン フルフォード(著)
発行年月日:2009/01/05
ISBN-10:4413036980
ISBN-13:9784413036986
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:204ページ
縦:20cm
他の青春出版の書籍を探す

    青春出版 アメリカが隠し続ける金融危機の真実―そして最後まで奪われる日本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!