パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用(tan Qブックス) [単行本]
    • パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用(tan Qブックス) [単行本]

    • ¥1,73853ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2023年1月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000599758

パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用(tan Qブックス) [単行本]

価格:¥1,738(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2023年1月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2009/08/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用(tan Qブックス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    現代の日本社会において新型インフルエンザはどのように拡がっていくのでしょうか?それに対する対策はどの程度有効で、その費用はどれぐらいに見積もられるのでしょうか?こうした疑問に答えるのが「数理モデル」です。数理モデル駆使してコンピューター上でシミュレートされたパンデミック。その結果は、私たちに新たなる課題を投げかけてきました。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 新型インフルエンザとは
    第2章 新型インフルエンザの拡大予測モデル
    第3章 新型インフルエンザの拡大予測―国際的な拡がり
    第4章 新型インフルエンザの拡大予測―国内での拡がり
    第5章 新型インフルエンザへの対策―地域封鎖
    第6章 新型インフルエンザへの対策―休校と外出自粛
    第7章 新型インフルエンザへの対策―抗インフルエンザ剤
    第8章 新型インフルエンザ対策の費用対効果
    第9章 新型インフルエンザへの対策―早期探知
    第10章 新型インフルエンザへの対策―その他
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大日 康史(オオクサ ヤスシ)
    国立感染症研究所感染症情報センター主任研究官。1999年大阪大学社会経済研究所助教授。2003年より現職。経済学博士、医学博士

    菅原 民枝(スガワラ タミエ)
    国立感染症研究所感染症情報センター第一室(感染症対策計画室)研究員。2006年筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科修了。2007年より現職。博士(ヒューマンケア科学)

パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用(tan Qブックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:大日 康史(著)/菅原 民枝(著)
発行年月日:2009/09/05
ISBN-10:4774139408
ISBN-13:9784774139401
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
ページ数:198ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用(tan Qブックス) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!