欧文書体〈2〉定番書体と演出法 [単行本]
    • 欧文書体〈2〉定番書体と演出法 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009000619667

欧文書体〈2〉定番書体と演出法 [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:美術出版社
販売開始日: 2008/08/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

欧文書体〈2〉定番書体と演出法 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    欧文の各書体がいつどこで生まれ、今はどんな形で組まれ、どう活躍しているのか。日本で初めての深くわかりやすい解説。どういう使い方をしたら効果的なのかを考えて書体を使い分けること、その書体デザイナーの意図がどこにあるのか読み取ることについても言及した。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 フォント演出入門(高級感を演出する書体
    親近感を演出する手書き風書体
    食欲をそそる書体
    イギリスらしさを演出する書体 ほか)
    第2章 定番書体徹底解剖(Helvetica
    Adobe Garamond/Garamond Premier
    Palatino
    Zapfino ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 章(コバヤシ アキラ)
    1960年新潟市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。1983年から約6年間株式会社写研で写植用文字デザインを担当の後、欧文書体の基礎を学ぶ必要を感じて退社する。1989年から約1年半の間イギリスに滞在して工芸家との交流や図書館通いでタイポグラフィについて学ぶ。1990年に帰国の後、字游工房とタイプバンクを経て1997年にフリーランスの欧文書体設計家として独立し、2000年までの間にアドビシステムズ(米)、フォントショップ・インターナショナル(独)、ITC(米)などから欧文書体を発表。1998年U&Ic type design competitionでCliffordが最優秀賞、本文部門1位同時受賞。2000年International type design contestでConradが本文部門最優秀賞に選ばれる。他、本文部門を中心に受賞多数。現在ライノタイプ社タイプディレクターとしてドイツに在住。2006年から東京タイプディレクターズクラブ年鑑の審査員をつとめる

欧文書体〈2〉定番書体と演出法 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:美術出版社
著者名:小林 章(著)
発行年月日:2008/09/01
ISBN-10:4568503647
ISBN-13:9784568503647
判型:B5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:芸術総記
ページ数:159ページ
縦:26cm
他の美術出版社の書籍を探す

    美術出版社 欧文書体〈2〉定番書体と演出法 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!