デジタル回路の「しくみ」と「基本」―電子回路シミュレータTINA9(日本語・Book版5)で見てわかる [単行本]
    • デジタル回路の「しくみ」と「基本」―電子回路シミュレータTINA9(日本語・Book版5)で見てわかる [単行本]

    • ¥2,72882ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月21日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000929782

デジタル回路の「しくみ」と「基本」―電子回路シミュレータTINA9(日本語・Book版5)で見てわかる [単行本]

価格:¥2,728(税込)
ポイント:82ポイント(3%還元)(¥82相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月21日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日:2012/07/27
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 168366位

デジタル回路の「しくみ」と「基本」―電子回路シミュレータTINA9(日本語・Book版5)で見てわかる の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    電子回路、デジタルICを学ぼうという方、電子回路シミュレータを使ってみようという方の入門書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 TINAとサンプル回路の動かし方
    第2章 デジタル回路の基本をマスター
    第3章 ロジック回路をマスターしよう
    第4章 フリップフロップで入力信号を記憶する
    第5章 マルチバイブレータでパルス信号を作る
    第6章 デジタルで数を数えるカウンタ回路
    第7章 データを移動させるシフトレジスタ
    第8章 小さなCPU・電卓を作ってみよう
    第9章 デジタル回路の実装ヒント集
    付録 電子回路シミュレータ「TINA」の使い方
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小峯 龍男(コミネ タツオ)
    1953年東京都生まれ。1977年東京電機大学工学部機械工学科卒業。現在、東京電機大学高等学校教諭

デジタル回路の「しくみ」と「基本」―電子回路シミュレータTINA9(日本語・Book版5)で見てわかる の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:小峯 龍男(著)
発行年月日:2012/08/25
ISBN-10:4774151475
ISBN-13:9784774151472
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
ページ数:271ページ
縦:21cm
その他:付属資料:CD-ROM1

    技術評論社 デジタル回路の「しくみ」と「基本」―電子回路シミュレータTINA9(日本語・Book版5)で見てわかる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!