鹿よおれの兄弟よ(世界傑作絵本シリーズ) [絵本]
    • 鹿よおれの兄弟よ(世界傑作絵本シリーズ) [絵本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月9日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000948380

鹿よおれの兄弟よ(世界傑作絵本シリーズ) [絵本]


お子様に読み聞かせたい絵本、お子様が喜ぶ絵本が盛りだくさん【絵本専門ストア】
お子様に読み聞かせたい絵本、お子様が喜ぶ絵本が盛りだくさん!絵本専門ストアはこちら


ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月9日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:福音館書店
販売開始日: 2004/01/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

鹿よおれの兄弟よ(世界傑作絵本シリーズ) [絵本] の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    力強い詩と、東洋的な細密画によって、読者をシベリアの神秘的な森へ誘います。いのちへの畏敬を謳いあげる美しい絵本。
  • 内容紹介

    小舟をこぐ猟師は、川をのぼって鹿猟に出かける。鴨が飛び立ち、魚が跳ねる。猟師は、牝鹿に耳を舐められていた幼い頃の甘い思い出にひたる。父さんも祖父さんもここで鹿を獲った。母さんも祖母さんも焚火を囲んで笑っていた。だがいまは、あちらとこちらの別の世で暮らしている……。 児童文学者の神沢さんが北方民族への深い思いをこめた作品を、シベリア在住の「ロシア人民芸術家」である画家パヴリーシンさんが渾身の力で表現した。

    図書館選書
    「おれは鹿の肉を食う。それはおれの血、おれの肉となる」。力強い詩と東洋的な細密画で、読者をシベリアの神秘的な森へ誘います。いのちへの畏敬を謳いあげる美しい絵本。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    神沢 利子(カンザワ トシコ)
    1924年1月29日、福岡県に生まれる。北海道、樺太(サハリン)で幼少期を過ごす。文化学院文学部を卒業。詩、童謡、童話の創作に長年活躍し、巌谷小波文芸賞、路傍の石文学賞、モービル児童文化賞、日本児童文学者協会賞、産経児童出版文化賞大賞、日本童謡賞など、数々の賞を受賞している。東京都在住

    パヴリーシン,G.D.(パヴリーシン,G.D./Pavlishin,Gennadiy Dmitriyevich)
    1938年8月27日、旧ソ連のハバロフスク市に生まれる。極東美術専門学校を経て、ウラジヴォストーク総合大学歴史学部で学ぶ。「ロシア人民美術家」「ハバロフスク市名誉市民」の称号をもつ。ソ連国家賞、民族友好勲章、レーニン賞、ライプツィヒ図書博覧会金賞、世界絵本原画展(BIB)金のリンゴ賞など、国内外で数々の賞を受賞している。ハバロフスク市在住
  • 著者について

    神沢利子 (カンザワトシコ)
    神沢利子 神沢利子(かんざわ としこ)1924年1月29日、福岡県に生まれる。北海道、樺太(サハリン)で幼少期を過ごす。文化学院文学部を卒業。詩、童謡、童話の創作に長年活躍し、巖谷小波文芸賞、路傍の石文学賞、モービル児童文化賞、日本児童文学者協会賞、産経児童出版文化賞大賞、日本童謡賞など、数々の賞を受賞している。著書は、『神沢利子コレクション(全5巻)』『ふらいぱんじいさん』(以上、あかね書房)、『ちびっこカムのぼうけん』(理論社)、『くまの子ウーフ』(ポプラ社)、『おやすみなさいまたあした』(のら書店)、『銀のほのおの国』『流れのほとり』『天の橇がゆく』『たんたんぼうや』『たまごのあかちゃん』『いいことってどんなこと』『おっとせいおんど』『おばあさんのすぷーん』『ぽとんぽとんはなんのおと』(以上、福音館書店)など多数ある。東京都在住。

    G・D・パヴリーシン (ジーディー・パヴリーシン)
    G・D・パヴリーシン パヴリーシン・G・D(Pavlishin Gennadiy Dmitriyevich) 1938年8月27日、旧ソ連のハバロフスク市に生まれる。極東美術専門学校を経て、ウラジヴォストーク総合大学歴史学部で学ぶ。「ロシア人民美術家」「ハバロフスク市名誉市民」の称号をもつ。ソ連国家賞、民族友好勲章、レーニン賞、BIB金のリンゴ賞、ライプツィヒ図書博覧会金賞など、国内外で数々の賞を受賞している。画集や絵本などの作品は100点以上ある。日本での挿絵の仕事に、『勇敢なアズムーン アムール地方のむかし話』(リブロポート)、『黄金の虎リーグマ』(新読書社)がある。代表的な大作、12平方メートルのモザイク画「北方のジャングル」は、ハバロフスク市会議場の正面玄関に飾られている。ハバロフスク市在住。

鹿よおれの兄弟よ(世界傑作絵本シリーズ) [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:福音館書店
著者名:神沢 利子(著)/G.D. パヴリーシン(画)
発行年月日:2004/01/29
ISBN-10:4834006328
ISBN-13:9784834006322
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:交通・通信
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:30cm
横:31cm
厚さ:1cm
重量:620g
他の福音館書店の書籍を探す

    福音館書店 鹿よおれの兄弟よ(世界傑作絵本シリーズ) [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!