ロングトレイルという冒険―「歩く旅」こそぼくの人生(生きる技術!叢書) [単行本]

販売休止中です

    • ロングトレイルという冒険―「歩く旅」こそぼくの人生(生きる技術!叢書) [単行本]

    • ¥1,73853ポイント(3%還元)
100000009000949018

ロングトレイルという冒険―「歩く旅」こそぼくの人生(生きる技術!叢書) [単行本]

価格:¥1,738(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:技術評論社
販売開始日: 2011/07/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ロングトレイルという冒険―「歩く旅」こそぼくの人生(生きる技術!叢書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界中の名だたる縦走を歩破してきたロングトレイルの第一人者が、歩きながら積みかさねた思索の軌跡。実践的な歩き方の心得を手はじめに、自然に身を置き、自然と分かち合いながらヒトが生きるという、ロングトレイルの真髄を鮮やかに伝える。ソロー、ジョン・ミューア、グレゴリー…アウトドア文化を拓いた先人たちの精神を受け継ぎ、山や森の奥深さを綴った歩行のクロニクル。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 バックカントリーへ行こう
    第2章 アパラチアン・オデッセイ―一八七日間の縦走
    第3章 森の思想と山の守り人
    第4章 日本をゆく、国立公園を歩く
    第5章 装備に宿る精神
    第6章 森を歩く技術
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加藤 則芳(カトウ ノリヨシ)
    1949年、埼玉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。角川書店編集部に7年間勤務ののち、八ヶ岳に移住。世界各地を歩き、国内外の自然保護、アウトドア・フィールド、ロングトレイルなどをテーマに執筆活動を続ける。また、日本でのロングトレイル普及に尽力している。『ジョン・ミューア・トレイルを行く』(平凡社)が、1999年度「第8回JTB紀行文学大賞」を受賞

ロングトレイルという冒険―「歩く旅」こそぼくの人生(生きる技術!叢書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:加藤 則芳(著)
発行年月日:2011/09/05
ISBN-10:4774147680
ISBN-13:9784774147680
判型:B6
対象:実用
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:231ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 ロングトレイルという冒険―「歩く旅」こそぼくの人生(生きる技術!叢書) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!