弁証法的行動療法実践マニュアル―境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ [単行本]
    • 弁証法的行動療法実践マニュアル―境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000953047

弁証法的行動療法実践マニュアル―境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:金剛出版
販売開始日:2007/09/14
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 486229位

弁証法的行動療法実践マニュアル―境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「弁証法的行動療法」(DBT)は、治療困難な境界性パーソナリティ障害(BPD)に対し有効であるとして立証され、欧米においては広く支持されている注目すべき治療法である。現在、日本でも関心が高まってきており、BPDへの新しいアプローチとして期待されている。本書はDBTの開発者マーシャ・M・リネハンが、この治療法について具体的に解説したものである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 境界性パーソナリティ障害に関する心理社会的スキル・トレーニングの理論
    第2章 心理社会的スキル・トレーニングにおける実践上の課題
    第3章 セッション形式とスキル・トレーニングの開始
    第4章 構造化ストラテジーとスキル・トレーニング手順の心理社会的スキル・トレーニングへの適用
    第5章 他のストラテジーと手順の心理社会的スキル・トレーニングへの適用
    第6章 心理社会的スキル・トレーニングのセッションごとのアウトライン
    第7章 コア・マインドフルネス・スキル
    第8章 対人関係保持スキル
    第9章 感情調節スキル
    第10章 苦悩耐性スキル
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小野 和哉(オノ カズヤ)
    1990年、香川大学医学部医学科卒業。東京慈恵会医科大学精神医学講座助手、成増厚生病院勤務をへて、現在、東京慈恵会医科大学精神医学講座専任講師。専門は精神療法学・精神病理学・児童思春期精神医学

弁証法的行動療法実践マニュアル―境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ の商品スペック

商品仕様
出版社名:金剛出版
著者名:マーシャ・M. リネハン(著)/小野 和哉(監訳)
発行年月日:2007/09/25
ISBN-10:4772409866
ISBN-13:9784772409865
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:302ページ
縦:21cm
その他: 原書名: Skills Training Manual for Treating Borderline Personality Disorder〈Linehan,Marsha M.〉

    金剛出版 弁証法的行動療法実践マニュアル―境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!