零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像(光人社NF文庫) [文庫]
    • 零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像(光人社NF文庫) [文庫]

    • ¥98430ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000953137

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像(光人社NF文庫) [文庫]

  • 2.0
価格:¥984(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:光人社
販売開始日: 2010/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像(光人社NF文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    零戦―正式名・零式艦上戦闘機。登場時に無敵を謳われ、日本が敗れた日まで飛びつづけた海軍主力戦闘機。この名機と共に過酷な戦争の歳月を戦い、敗戦の衝撃を乗り越えて激動の時代を生き抜いた搭乗員と技術者それぞれのドラマを丹念なインタビューで描いた異色のノンフィクション。「ゼロ戦」に青春を捧げた十人の男たちが、長い沈黙を破って初めて語ったドキュメント「祖父たちの戦争」。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    志賀淑雄―戦闘機隊指揮官の沈黙
    中島三教―捕虜収容所で迎えた終戦の日
    田中國義―「特三」搭乗員の奮戦記
    黒澤丈夫―名村長になった名隊長
    佐々木原正夫―空母零戦隊の若武者
    宮崎勇―「片翼樫村」の愛弟子
    加藤清(旧姓・伊藤)―ダーウィン上空の凱歌
    中村佳雄―ラバウル一年四カ月の激闘録
    山田良市―戦中・戦後を飛びつづけたトップガン
    松平精―新幹線に生きる零戦の技術
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    神立 尚紀(コウダチ ナオキ)
    1963年、大阪府生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。1986年より講談社「フライデー」専属カメラマンを務め、主に事件、政治、経済、スポーツなどの取材報道に従事。1995年、元零戦搭乗員の取材を開始する。1997年からフリーランスに。社団法人日本写真家協会(JPS)会員、東京工芸大学非常勤講師、NPO法人「零戦の会」理事

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像(光人社NF文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:光人社
著者名:神立 尚紀(著)
発行年月日:2011/01/21
ISBN-10:4769826710
ISBN-13:9784769826712
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:398ページ
縦:16cm
他の光人社の書籍を探す

    光人社 零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像(光人社NF文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!