大炊介始末(新潮文庫) [文庫]
    • 大炊介始末(新潮文庫) [文庫]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000958147

大炊介始末(新潮文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2003/02/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

大炊介始末(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自分の出生の秘密を知った大炊介が、狂態を装って藩の衆望を故意にうらぎらねばならなかった悲劇を描く表題作。自分たちはおたふくであるときめこんでしまっている底抜けに明るく情味豊かな姉妹の物語『おたふく』。奇抜な視点と卓抜な文体で「剣聖」宮本武蔵を描き、著者の後半期の出発点となった意義深い作品『よじょう』など。さまざまな傾向の短編から代表作10編を選りすぐった。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    ひやめし物語
    山椿
    おたふく
    よじょう
    大炊介始末
    こんち午の日
    なんの花か薫る

    ちゃん
    落葉の隣り
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山本 周五郎(ヤマモト シュウゴロウ)
    1903‐1967。山梨県生れ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926(大正15)年4月『須磨寺附近』が「文芸春秋」に掲載され、文壇出世作となった。『日本婦道記』が’43(昭和18)年上期の直木賞に推されたが、受賞を固辞

大炊介始末(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:山本 周五郎(著)
発行年月日:2003/02/25
ISBN-10:4101134073
ISBN-13:9784101134079
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
ページ数:414ページ
縦:15cm
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 大炊介始末(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!