親鸞思想の原点-目覚めの原理としての回向 [単行本]
    • 親鸞思想の原点-目覚めの原理としての回向 [単行本]

    • ¥3,080185ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000963255

親鸞思想の原点-目覚めの原理としての回向 [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:185ポイント(6%還元)(¥185相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日: 2008/10/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

親鸞思想の原点-目覚めの原理としての回向 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    第一章 荘厳と回向
    第二章 回向の信心
    第三章 回向の構造 ほか
  • 内容紹介

    人間の弱さや罪深さを徹底的に自覚する事で生み出された親鸞の救済思想の根本意義を解き明かす。
  • 著者について

    本多 弘之 (ホンダ ヒロユキ)
    本多弘之(ほんだ ひろゆき)1938年、中国黒龍江省に生まれる。1961年、東京大学農学部林産学科卒業。1966年、大谷大学大学院修了。大谷大学助教授を経て、2001年、親鸞仏教センター所長に就任。真宗大谷派本龍寺住職。2016年より中村元東方研究所講師。1983年、大谷大学を辞任の後、『安田理深選集』(全22巻、文栄堂)の編集責任にあたる。主な著書に、『親鸞思想の原点――目覚めの原理としての回向』『大無量寿経講義』全3巻、『一念多念文意講讃』『親鸞の名号論――根本言の動態的了解』『増補版親鸞教学――曽我量深から安田理深へ』(以上、法藏館)、『浄土――その解体と再構築』『浄土――その響きと言葉』『浄土――おおいなる場のはたらき』『教行信証』行巻講義1~7(以上、樹心社)、『近代親鸞教学論』『他力救済の大道――清沢満之文集』『親鸞の鉱脈』『静かなる宗教的情熱――師の信を憶念して』(以上、草光舎)など多数。

親鸞思想の原点-目覚めの原理としての回向 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法蔵館
著者名:本多 弘之(著)
発行年月日:2008/10
ISBN-10:4831876690
ISBN-13:9784831876690
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:仏教
言語:日本語
ページ数:186ページ
厚さ:2cm
重量:463g
他の法蔵館の書籍を探す

    法蔵館 親鸞思想の原点-目覚めの原理としての回向 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!