戦略原論―軍事と平和のグランド・ストラテジー [単行本]

販売休止中です

    • 戦略原論―軍事と平和のグランド・ストラテジー [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
100000009000964963

戦略原論―軍事と平和のグランド・ストラテジー [単行本]

石津 朋之(編著)永末 聡(編著)塚本 勝也(編著)
価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2010/05/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

戦略原論―軍事と平和のグランド・ストラテジー [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    国家の命運を左右する大戦略を解剖。戦争の起源、近代戦略思想の系譜から政軍関係、軍縮・不拡散、インテリジェンス、平和思想まで―。軍事戦略と戦争のすべてをていねいに解説。日本初のグローバルスタンダード・テキスト。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    日本における戦略研究のフロンティアを目指して
    第1部 戦略と戦争―その理論と歴史(戦略とは何か―そして、何が戦略を形成するのか
    戦争の起源と終結―戦争抑制へのアプローチ
    近代戦略思想(その1)―ナポレオン戦争から第一次世界大戦まで
    近代戦略思想(その2)―第一次世界大戦から第二次世界大戦まで
    近代戦略思想(その3)―第二次世界大戦から現代まで)
    第2部 現代の戦略と戦争―その理論と実践(軍事力の本質とその統合運用―新たなシナジーに向けて
    政軍関係―シビリアン・コントロールの質的変化
    非対称戦の戦略―新しい紛争の様相
    軍縮・不拡散―戦争を制御する規範の形成
    戦争と技術―技術革新による戦争の変化
    インテリジェンス―戦争と情報)
    第3部 戦略研究の新たな視点―その理論と将来像(大量破壊兵器と核戦略―現代における核兵器の役割とは
    平和思想―平和への戦略的アプローチ
    人道的介入と平和維持活動―軍事力の新たな役割
    戦争と国際法
    新しい戦略研究―環境・エネルギーなどを中心に)
    戦略研究の将来
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    石津 朋之(イシズ トモユキ)
    防衛省防衛研究所戦史部第一戦史研究室長、拓殖大学、上智大学非常勤講師、「歴史と戦争研究会」代表。ロンドン大学キングス・カレッジ大学院修了、オックスフォード大学大学院研究科修了。ロンドン大学キングス・カレッジ名誉客員研究員、英国王立統合軍防衛安保問題研究所(RUSI)研究員を歴任

    永末 聡(ナガスエ サトシ)
    「歴史と戦争研究会」事務局。慶應義塾大学卒業、慶應義塾大学大学院修了、ロンドン大学キングス・カレッジ大学院中退

    塚本 勝也(ツカモト カツヤ)
    防衛省防衛研究所研究部第一研究室主任研究官。筑波大学卒業、タフツ大学フレッチャー法律外交大学院修士課程修了、同博士候補

戦略原論―軍事と平和のグランド・ストラテジー [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:石津 朋之(編著)/永末 聡(編著)/塚本 勝也(編著)
発行年月日:2010/05/17
ISBN-10:4532133858
ISBN-13:9784532133856
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:489ページ
縦:21cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 戦略原論―軍事と平和のグランド・ストラテジー [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!