お金で騙される人、騙されない人(幻冬舎新書) [新書]
    • お金で騙される人、騙されない人(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009000966407

お金で騙される人、騙されない人(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2010/04/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

お金で騙される人、騙されない人(幻冬舎新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ウソの儲け話に載せられてなけなしの貯金をはたき、株や投資信託、FX、保険商品等を買って大損した人々が日本中にいる。だがその実態はほとんど表に出ない。危ない商品を今も売り続ける銀行、証券、生保が、テレビ・新聞の大事な広告主だからだ。“信頼”の仮面をかぶった“金融の鬼たち”に大切な資産を騙し取られないためにはどうすればよいのか。世界マネーのカリスマが、12の事例をもとに、世に仕組まれたお金のカラクリを暴く。賢く生き抜くための人生の指南書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 あなたのお金は銀行、証券、生保に狙われている(知られざる“金融大損”の実態
    社会的信用の高い企業が詐欺師集団だった ほか)
    第2章 金融業界は鬼の巣窟(“投資信託はトレンディ”と庶民は騙された
    投資商品の「本当の価値」は実際売るまでわからないもの ほか)
    第3章 「騙されない」と思う人ほど騙される(みんなからお金を預かって大損させたトレーダーの話
    トレーダーはなぜ罪に問われたか ほか)
    第4章 グローバルに仕組まれた金融商品の罠(外貨預金の落とし穴
    含み損を抱え、途方に暮れる人々 ほか)
    第5章 大事な資産を守り抜くために(お金の話をすることに慣れなさい
    それでも世の中はお金を中心に回る ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    副島 隆彦(ソエジマ タカヒコ)
    1953年福岡市生まれ。評論家。副島国家戦略研究所主宰。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師・常葉学園大学教授等を歴任。「帝国‐属国論」とアメリカ政治研究を柱に、日本がとるべき自立の国家戦略を提起。政治思想、金融・経済、歴史、社会時事評論等、あらゆる分野で精力的に執筆活動を続けている

お金で騙される人、騙されない人(幻冬舎新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:副島 隆彦(著)
発行年月日:2010/04/25
ISBN-10:4344981618
ISBN-13:9784344981614
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:199ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 お金で騙される人、騙されない人(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!