ピアノの森 15(モーニングKC) [コミック]
    • ピアノの森 15(モーニングKC) [コミック]

    • ¥64820ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月23日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000968672

ピアノの森 15(モーニングKC) [コミック]

価格:¥648(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月23日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日:2008/04/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 86754位

ピアノの森 15(モーニングKC) [コミック] の 商品概要

  • 目次

    孤独のランナウェイ
    森で出会う
    グラマラス・グラナドス
    何かある!?
    クリスタル
    レフ! レフ! レフ!
    ポヴォゼーニャ
    待望
    あの日、弾けなかったワルツ
    解釈の違い
  • 出版社からのコメント

    ショパンコンクール一次予選……ついに一ノ瀬海が舞台に立つ!
  • 内容紹介

    森に捨てられたピアノ……そのピアノをオモチャがわりにして育った少年・一ノ瀬海は、かつて天才の名をほしいままにしながら事故によってピアニスト生命を断たれ小学校の音楽教師になっていた阿字野壮介や、偉大な父を持ち自らもプロを目指す転校生・雨宮修平らとの出逢いから次第にピアノに魅かれていく……!!


    韓国のアン兄弟やアルゼンチンのアレグラ・グラナドスらが登場した8日目を終え、ショパン国際コンクールはついに一次予選の最終日を迎えた。阿字野とともに、そして“森のピアノ”を胸にたどり着いた大舞台……第一奏者はポーランドの“ショパンの森”で出会った地元のピアニスト、レフ・シマノフスキ。そして第二奏者に一ノ瀬海、登場!!
  • 著者について

    一色 まこと (イッシキ マコト)
    1984年、ヤングマガジン誌上にて『カオリ』でデビュー。95年、『花田少年史』で第19回講談社漫画賞を受賞。主な作品として『はなったれBoogie』『どいつもこいつも』『出直しといで!』『ハッスル』『魚人荘から愛をこめて』など。現在、モーニングにて『ピアノの森』を好評連載中!

ピアノの森 15(モーニングKC) [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:一色 まこと(著)
発行年月日:2008/04
ISBN-10:4063726754
ISBN-13:9784063726756
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:195ページ
縦:19cm

    講談社 ピアノの森 15(モーニングKC) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!