盲導犬が日本に生まれた日―国産盲導犬第1号チャンピイを育てた塩屋賢一 [全集叢書]

販売休止中です

    • 盲導犬が日本に生まれた日―国産盲導犬第1号チャンピイを育てた塩屋賢一 [全集叢書]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
100000009000970311

盲導犬が日本に生まれた日―国産盲導犬第1号チャンピイを育てた塩屋賢一 [全集叢書]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
日本全国配達料金無料
出版社:偕成社
販売開始日: 2004/10/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

盲導犬が日本に生まれた日―国産盲導犬第1号チャンピイを育てた塩屋賢一 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「失明したむすこのために、盲導犬を育ててほしい。」一九五六年の冬、塩屋賢一はこんな依頼を受けた。日本で盲導犬を育てた人は、まだだれもいない。参考になる資料もみつからない。手さぐりではじめた訓練がようやく終わったのは、一年以上ものちのことだった。日本の盲導犬第1号チャンピイを誕生させ、その後、視覚障害者の自立をめざして九百頭以上の盲導犬を育てた塩屋賢一の半生をたどる。小学中級から。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    三十九年めの記念日
    この犬が光をあたえた(犬のすきな少年
    アスター、チャンピオンになる ほか)
    盲導犬第一号の誕生(チャンピイとのであい
    「切手を買ってきてください。」 ほか)
    多くの人にささえられて(「飼育奉仕」のはじまり
    しかることと、おこること ほか)
    育てあげた九百頭のアイメイトたち(ついにザ・シーイング・アイへ
    犬に助けられた人生 ほか)
    読んでくださってありがとう―あなたへ、そしてお父さん、お母さんへ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹内 恒之(タケウチ ツネユキ)
    1942年東京生まれ。早稲田大学第一商学部卒業後、毎日新聞社に入社。社会部、「点字毎日」編集長などを経て、現在、東京ヘレン・ケラー協会勤務。日本児童文学者協会会員

盲導犬が日本に生まれた日―国産盲導犬第1号チャンピイを育てた塩屋賢一 の商品スペック

商品仕様
出版社名:偕成社
著者名:竹内 恒之(文)
発行年月日:2004/10
ISBN-10:4036347209
ISBN-13:9784036347209
判型:A5
対象:児童
発行形態:全集叢書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:150ページ
縦:22cm
他の偕成社の書籍を探す

    偕成社 盲導犬が日本に生まれた日―国産盲導犬第1号チャンピイを育てた塩屋賢一 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!