上方のをんな―女方の歌舞伎譚(しばいばなし) [単行本]

販売休止中です

    • 上方のをんな―女方の歌舞伎譚(しばいばなし) [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
100000009000972089

上方のをんな―女方の歌舞伎譚(しばいばなし) [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
日本全国配達料金無料
出版社:アールズ出版
販売開始日: 2011/12/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

上方のをんな―女方の歌舞伎譚(しばいばなし) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    情の世界、それが上方歌舞伎。古稀を迎えて、いま語る、上方のをんなの真髄。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 秀太郎、とわずがたり(「松嶋屋」に生まれて
    顔見世の思い出)
    第2章 上方のをんな歌舞伎譚(河庄「小春」
    恋飛脚大和往来「梅川」、「おえん」
    吉田屋「おきさ」
    沼津「お米」
    女殺油地獄「おかち」、「小菊」、「お吉」、「おさわ」)
    第3章 三大義太夫狂言(菅原伝授手習鑑「苅屋姫」、「立田の前」、「桜丸」、「八重」、「戸浪」
    義経千本桜 すし屋「弥助実は平維盛」、「小せん」
    仮名手本忠臣蔵「顔世御前」、「おかる」、「お才」、「お石」)
    第4章 上方の歌舞伎に生きて(仁左衛門歌舞伎
    関西歌舞伎中之芝居
    上方歌舞伎塾と平成若衆歌舞伎
    上方歌舞伎への思い)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    片岡 秀太郎(カタオカ ヒデタロウ)
    本名・片岡彦人。十三代目片岡仁左衛門の次男に生まれる。1946年京都南座での『吉田屋』禿役で片岡彦人の名で初舞台。1956年大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名。やわらかみのある上方の女方として、活躍を続けている

上方のをんな―女方の歌舞伎譚(しばいばなし) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:アールズ出版
著者名:片岡 秀太郎(著)
発行年月日:2011/12/10
ISBN-10:4862042120
ISBN-13:9784862042125
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:演劇・映画
ページ数:191ページ
縦:20cm
他のアールズ出版の書籍を探す

    アールズ出版 上方のをんな―女方の歌舞伎譚(しばいばなし) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!