帰ってきた二式大艇―海上自衛隊飛行艇開発物語(光人社NF文庫) [文庫]
    • 帰ってきた二式大艇―海上自衛隊飛行艇開発物語(光人社NF文庫) [文庫]

    • ¥97730ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000973285

帰ってきた二式大艇―海上自衛隊飛行艇開発物語(光人社NF文庫) [文庫]

価格:¥977(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:光人社
販売開始日:2010/09/21
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 219940位

帰ってきた二式大艇―海上自衛隊飛行艇開発物語(光人社NF文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    大空の女王―復活プロジェクト。かつて、九七式大艇、二式大艇、戦闘機「紫電改」を世に送り出した航空技術陣が、戦後の空白を越えて挑戦した新たな傑作機誕生までの日々。戦闘用から人命救助へ。対潜飛行艇PS‐1、救難飛行艇US‐1、US‐1A改開発への苦しくも希望に満ちた道のり。夢を実現した男たちの足跡を辿る感動のノンフィクション。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    最後の二式大艇
    隠忍の日々
    急がば回れ
    動き出した山
    巣立つ先行試作機UF‐XS
    本命PX‐Sの開発始まる
    生みの苦しみ
    荒海に降り立つ
    世界で唯一の対潜飛行艇
    試練に耐えて
    新たなる旅立ち、救難飛行艇へ
    来るか飛行艇の時代
    戦力化の苦悩
    命を救う飛行艇
    明日への飛翔
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    碇 義朗(イカリ ヨシロウ)
    1925年、鹿児島生まれ、東京都立航空工業学校卒。陸軍航空技術研究所をへて、戦後、横浜工業専門学校(現横浜国立大学)卒。航空、自動車、鉄道などメカニズムと人間のかかわり合いをテーマにドキュメントを発表。航空ジャーナリスト協会会員。横浜ペンクラブ会員。自動車技術会会員。カナダ・カーマン名誉市民。神奈川県茅ヶ崎市在住

帰ってきた二式大艇―海上自衛隊飛行艇開発物語(光人社NF文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:光人社
著者名:碇 義朗(著)
発行年月日:2010/10/22
ISBN-10:4769826591
ISBN-13:9784769826590
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:445ページ
縦:16cm

    光人社 帰ってきた二式大艇―海上自衛隊飛行艇開発物語(光人社NF文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!