日本人のためのアフリカ入門(ちくま新書) [新書]
    • 日本人のためのアフリカ入門(ちくま新書) [新書]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月2日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000975598

日本人のためのアフリカ入門(ちくま新書) [新書]

価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月2日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2011/04/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

日本人のためのアフリカ入門(ちくま新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「貧しくてかわいそう」「部族対立が深刻」「発展が遅れている」…。アフリカに対する負のイメージは尽きない。しかし、それらはどの程度まで本当なのか?何が「事実」で、何が「誇張」なのか?アフリカの「悲惨さ」を強調するための人気テレビ番組の「やらせ」。事態を単純化し、誤解と偏見を煽る新聞報道…。アフリカ報道の最前線にいた記者が、日本人のアフリカ観を歪めてきたメディアの在り方を問い直しながら「新しいアフリカ」の姿を紹介する異色のアフリカ入門書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 アフリカへの「まなざし」(現代日本人の「アフリカ観」;バラエティ番組の中のアフリカ;食い違う番組と現地;悪意なき「保護者」として)
    第2章 アフリカを伝える(アフリカ報道への「不満」;小国の内政がニュースになる時;「部族対立」という罠)
    第3章 「新しいアフリカ」と日本(「飢餓と貧困」の大陸?;「新しいアフリカ」の出現;国連安保理改革をめぐる思惑;転機の対アフリカ外交)
    終章 「鏡」としてのアフリカ(アフリカから学ぶことはあるか?;「いじめ自殺」とアフリカ;アフリカの「毒」)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    白戸 圭一(シラト ケイイチ)
    1970年埼玉県生まれ。立命館大学国際関係学部卒。同大学大学院国際関係研究科修士課程でアフリカ政治研究を専攻。毎日新聞社入社後、鹿児島支局、福岡総局(現西部本社報道部)、外信部を経て2004~08年、南アフリカ・ヨハネスブルク特派員。政治部、外信部を経て2011年4月からワシントン特派員。『ルポ資源大陸アフリカ 暴力が結ぶ貧困と繁栄』(東洋経済新報社)で、2010年の日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞受賞

日本人のためのアフリカ入門(ちくま新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:白戸 圭一(著)
発行年月日:2011/04/10
ISBN-10:4480066012
ISBN-13:9784480066015
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:238ページ
縦:18cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 日本人のためのアフリカ入門(ちくま新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!