ポスト・マネタリズムの金融政策 [単行本]
    • ポスト・マネタリズムの金融政策 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年5月31日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000975630

ポスト・マネタリズムの金融政策 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年5月31日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2011/06/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ポスト・マネタリズムの金融政策 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    新古典派総合はスタグフレーションを招き、マネタリズムはマネーと物価の関係性が薄れて色褪せ、「インフレ目標+バブル崩壊後の後始末戦略」の組合わせは金融危機を増幅させた。完成したかにみえた政策の枠組みが砂上の楼閣に終わるたび新たな体制の模索が始まる。先進国の中央銀行が今日抱える課題とその先に見えてくるものを提示する注目書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 通貨と中央銀行―歴史と現在
    第2章 ミルトン・フリードマンと米国のマネタリズム
    第3章 日本銀行とマネタリズム
    第4章 インフレ目標政策とテイラー・ルールの登場
    第5章 金融政策とグレートモデレーション
    第6章 「資産価格バブル」と二つの金融政策戦略―「後始末」か「風に逆らう」か
    第7章 ゼロ金利政策と非伝統的金融政策
    第8章 デフレ脱却への方策(1)―中央銀行単独の選択肢
    第9章 デフレ脱却への方策(2)―政府ができること
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    翁 邦雄(オキナ クニオ)
    1951年生まれ。74年東京大学経済学部卒業、日本銀行入行。83年シカゴ大学Ph.D.取得。筑波大学助教授、日本銀行調査統計局企画調査課長、企画参事、金融研究所長等を経て、京都大学公共政策大学院教授

ポスト・マネタリズムの金融政策 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:翁 邦雄(著)
発行年月日:2011/06/10
ISBN-10:4532354684
ISBN-13:9784532354688
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:286ページ
縦:20cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 ポスト・マネタリズムの金融政策 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!