悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009000975790

悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 1993/11/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ギリシア的明朗性の背後には古代ギリシア人の運命的ペシミズムが隠されているのではないのか。「アポロン的なるもの」と「ディオニュソス的なるもの」の二つの世界観の対立と統一の原理によって、ギリシア悲劇の起源と本質を問う不朽の名著『悲劇の誕生』。新進の古典文献学者時代のニーチェが、音楽家ヴァーグナーの楽劇に天才の理想とドイツ文化再生の希望を託し、若き日の情熱を傾けて世に送り出したモニュメンタルな処女作である。本書のほか、『悲劇の誕生』の思想圏に位置する「ギリシア人の悲劇時代における哲学」「ホメロスと古典文献学」など遺稿諸篇を収録する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    悲劇の誕生―あるいはギリシア的精神と悲観主義(或る自己批判の試み(一八八六年)
    音楽の精神からの悲劇の誕生(一八七〇年‐一八七一年))
    『悲劇の誕生』の思想圏から(ギリシアの楽劇(一八七〇年一月一八日に行なわれた講演)
    講演「ソクラテスと悲劇」の断片(一八七〇年二月一日に行なわれたもの)
    ディオニュソス的世界観(一八七〇年夏)
    ギリシアの国家(一八七一年)
    音楽と言葉について(一八七一年))
    ホメロスの競争(一八七二年
    初稿から(一八七一年))
    ギリシア人の悲劇時代における哲学(序言(推定一八七四年)
    後の序言(一八七九年末)
    「本論」(一八七三年)
    継続のための草案(一八七三年初頭)
    草案覚え書き(一八七二年の夏から))
    ホメロスと古典文献学
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ニーチェ,フリードリッヒ(Nietzsche,Friedrich)
    1844年10月15日プロイセンのレッケン村で牧師の長男として生まれる。ボン、ライプチッヒ両大学で文献学を研究、のちバーゼル大学教授となる。ヴァーグナー夫妻やブルクハルトと親交。1900年8月25日死去。ヨーロッパ文化とキリスト教への徹底した懐疑と批判を出発点とし、神の死を宣告するとともに、永遠回帰による生の肯定の最高形式を説いた

悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:フリードリッヒ ニーチェ(著)/塩屋 竹男(訳)
発行年月日:1993/11/04
ISBN-10:4480080724
ISBN-13:9784480080721
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:哲学
ページ数:571ページ ※543,28P
縦:15cm
その他: 原書名: Die Geburt der Trag¨odie〈Nietzsche,Friedrich〉
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!