住吉の長屋・安藤忠雄(ヘヴンリーハウス―20世紀名作住宅をめぐる旅〈3〉) [単行本]
    • 住吉の長屋・安藤忠雄(ヘヴンリーハウス―20世紀名作住宅をめぐる旅〈3〉) [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009000976065

住吉の長屋・安藤忠雄(ヘヴンリーハウス―20世紀名作住宅をめぐる旅〈3〉) [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京書籍
販売開始日: 2008/08/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

住吉の長屋・安藤忠雄(ヘヴンリーハウス―20世紀名作住宅をめぐる旅〈3〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1970年代から今日まで、常に建築界の第一線を走り続ける安藤忠雄の原点にして、戦後日本の都市型住宅の方向を決定付けた名作「住吉の長屋」。そのすべてを解き明かす。建築家安藤のデビュー作。日本現代住宅史の金字塔となった一軒を徹底分析。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 住吉の長屋―ミクロコスモス(住吉の長屋へ;最初の出会い;「都市ゲリラ住居」の時代;小さな家 ほか)
    第2章 「住吉の長屋」とその時代(安藤忠雄「都市ゲリラ住居」;東孝光「町人の優しさと土性骨」;石山修武「怪談 三義人邂逅・一幕一場」;二川幸夫「時代の透き間から」)
    資料編(安藤忠雄年表;安藤忠雄建築地図)
  • 内容紹介

    世界のANDOの原点!若き日の安藤忠雄渾身の一軒を徹底解剖。1976年に完成したのち,ベールに包まれていた戦後都市型住宅の金字塔を気鋭の建築家・千葉学が訪問し案内する
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    千葉 学(チバ マナブ)
    1960年、東京生まれ。建築家、千葉学建築計画事務所主宰。東京大学大学院准教授。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了の後、株式会社日本設計、ファクターエヌ・アソシエイツ共同主宰、東京大学工学部建築学科安藤研究室助手などを経て、現職。代表作に、「和洋女子佐倉セミナーハウス」(1998年JIA新人賞・グッドデザイン賞)、「黒の家」(2003年日本建築学会作品選奨)、「MESH」(2005年第21回吉岡賞・グッドデザイン賞)、「日本盲導犬総合センター」(2008年日本建築家協会賞ほか受賞)など

住吉の長屋・安藤忠雄(ヘヴンリーハウス―20世紀名作住宅をめぐる旅〈3〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京書籍
著者名:千葉 学(著)
発行年月日:2008/09/08
ISBN-10:4487801001
ISBN-13:9784487801008
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:建築
言語:日本語
ページ数:155ページ
縦:22cm
横:18cm
他の東京書籍の書籍を探す

    東京書籍 住吉の長屋・安藤忠雄(ヘヴンリーハウス―20世紀名作住宅をめぐる旅〈3〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!