樋口一葉(ちくま日本文学〈013〉) [文庫]
    • 樋口一葉(ちくま日本文学〈013〉) [文庫]

    • ¥96830ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月19日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000976091

樋口一葉(ちくま日本文学〈013〉) [文庫]

価格:¥968(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月19日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日:2008/04/11
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 330807位

樋口一葉(ちくま日本文学〈013〉) [文庫] の 商品概要

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    たけくらべ
    にごりえ
    大つごもり
    十三夜
    ゆく雲
    わかれ道
    われから
    雪の日
    琴の音
    闇桜
    うもれ木
    暁月夜
    やみ夜
    うつせみ
    あきあわせ
    すずろごと
    にっ記一
    塵の中
    恋歌九首
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    樋口 一葉(ヒグチ イチヨウ)
    1872‐1896。東京の府庁構内長屋に生まれる。本名奈津。幼いころ草双紙を読み、和歌を学んだ。父の死後、困窮のなかに母と妹を養う。十九歳のとき半井桃水に師事して創作を始め、第一作が「闇桜」、ついで「うもれ木」によって注目をあびる。一時、下谷龍泉寺町で荒物・駄菓子屋を開いたが失敗。再び創作に専念し、「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」など次々に発表。二十四歳にして肺結核で死去

樋口一葉(ちくま日本文学〈013〉) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:樋口 一葉(著)
発行年月日:2008/04/10
ISBN-10:4480425136
ISBN-13:9784480425133
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
ページ数:475ページ
縦:15cm

    筑摩書房 樋口一葉(ちくま日本文学〈013〉) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!