弱者99%社会―日本復興のための生活保障(幻冬舎新書) [新書]
    • 弱者99%社会―日本復興のための生活保障(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥85852ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000976509

弱者99%社会―日本復興のための生活保障(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥858(税込)
ポイント:52ポイント(6%還元)(¥52相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2011/12/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

弱者99%社会―日本復興のための生活保障(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    生活保護者数205万人、完全失業者数334万人、気分障害(うつ病など)の患者数104万人…これらは超格差社会を表す氷山の一角に過ぎない。いま誰もが普通の生活者から脱落するリスクを抱えている。だが、現在の日本の生活保障でこれ以上国民を救済する事は不可能である。このままではそう遠くない未来、格差限界社会へと突入してしまう。日本人全員が同時多発不安に陥るなか、私たちができる事とは一体何か。12人の識者と宮本太郎による緊急提言。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 「同時多発不安」を超えて(宮本太郎)
    第1章 経済成長と両立できるか(京極高宣;吉川洋;宮本太郎)
    第2章 現役世代をどう支えるか(濱口桂一郎;湯浅誠;宮本太郎)
    第3章 つながりは再生できるか(森雅志;小林正弥;宮本太郎)
    第4章 子どもの未来をひらけるのか(泉健太;水島広子;宮本太郎)
    第5章 財源をどうするのか(大沢真理;土居丈朗;宮本太郎)
    第6章 政治をどう変えるか(藤井裕久;与謝野馨;宮本太郎)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮本 太郎(ミヤモト タロウ)
    北海道大学大学院法学研究科教授(比較政治、福祉政策論)。1958年東京都生まれ。中央大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。立命館大学法学部助教授、ストックホルム大学客員研究員などを経て、2002年より現職。政府の「安心社会実現会議」委員、総務省顧問、内閣府参与などを歴任。「社会保障改革に関する有識者検討会」では座長を務めた

弱者99%社会―日本復興のための生活保障(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:宮本 太郎(編)
発行年月日:2011/12/20
ISBN-10:4344982436
ISBN-13:9784344982437
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:210ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 弱者99%社会―日本復興のための生活保障(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!