子どものための哲学対話(講談社文庫) [文庫]
    • 子どものための哲学対話(講談社文庫) [文庫]

    • ¥46214ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009000979483

子どものための哲学対話(講談社文庫) [文庫]

  • 4.0
価格:¥462(税込)
ポイント:14ポイント(3%還元)(¥14相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2009/08/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

子どものための哲学対話(講談社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    学校なんか行かなくたっていい。うそをついてもいい。クジラは魚だ。地球は丸くない。…ぼくの家の猫のペネトレは、そんな普通じゃないことばかり言う。でも考えてみると、ペネトレの言うことの方が正しいんじゃないかって気がしてくる…。子どもも大人も考え方が変わる、ペネトレとぼくの40の対話。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章
    第1章 人間は遊ぶために生きている!(人間はなんのために生きているのか?
    ネクラとネアカ―生まれのよさ
    善と悪を決めるもの ほか)
    第2章 友だちはいらない!(元気が出ないとき、どうしたらいいか?
    原因がわかると感情は消える?
    「強さ」について ほか)
    第3章 地球は丸くない!(ニンゲンのココロ
    青い鳥はいつ青くなったのか?
    物は見えるからあるのか、あるから見えるのか? ほか)
    終章
    きみもやってみよう!哲学ごっこ
  • 内容紹介

    人間は遊ぶために生きている!

    学校なんか行かなくたっていい。うそをついてもいい。クジラは魚だ。地球は丸くない。……ぼくの家の猫のペネトレは、そんな普通じゃないことばかり言う。でも考えてみると、ペネトレの言うことの方が正しいんじゃないかって気がしてくる……。子どもも大人も考え方が変わる、ペネトレとぼくの40の対話。

    ※本書は1997年7月、小社より単行本として刊行されました。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    永井 均(ナガイ ヒトシ)
    1951年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得。専攻は哲学・倫理学。千葉大学教授などを経て、日本大学文理学部哲学科教授

    内田 かずひろ(ウチダ カズヒロ)
    1964年福岡県生まれ。’90年『シロと歩けば』(竹書房)でマンガ家としてデビュー

子どものための哲学対話(講談社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:永井 均(著)/内田 かずひろ(絵)
発行年月日:2009/08/12
ISBN-10:4062764482
ISBN-13:9784062764483
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:147ページ
縦:15cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 子どものための哲学対話(講談社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!