福祉政治―日本の生活保障とデモクラシー(有斐閣Insight) [全集叢書]
    • 福祉政治―日本の生活保障とデモクラシー(有斐閣Insight) [全集叢書]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000984503

福祉政治―日本の生活保障とデモクラシー(有斐閣Insight) [全集叢書]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2008/09/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

福祉政治―日本の生活保障とデモクラシー(有斐閣Insight) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本型生活保障のしくみが解体する中、足元が崩れるような不安が広がり、社会保障や雇用は政治的争点の中心にせりあがっている。にもかかわらず日本政治は、「構造改革」の徹底にも大胆な格差是正にも踏み出せない、膠着状況にある。このような状況は、なぜ、どのようにして生み出されたのか。社会保障や雇用をめぐる政治すなわち福祉政治は、何をなしうるのか。本書は、福祉国家の構造を示す福祉レジーム論や「劇場政治」のしかけに迫る言説政治論などを駆使して、今日の福祉政治を立体的にとらえる。そして、こうした新しい視点から、戦後日本の福祉政治の展開を解き明かし、膠着状況を超える展望を示す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 日本の福祉政治―なぜ問題か、どう論じるか
    第1章 福祉レジームと雇用レジーム
    第2章 福祉政治をどうとらえるか
    第3章 一九六〇・七〇年代の福祉政治―雇用レジームと福祉レジームの形成と連携
    第4章 一九八〇年代の福祉政治―福祉レジームの削減と雇用レジームの擁護
    第5章 一九九〇年代後半以降の福祉政治―雇用レジームの解体と福祉レジームの再編
    終章 ライフ・ポリティクスの可能性―分断の政治を超えて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮本 太郎(ミヤモト タロウ)
    1958年、東京都に生まれる。1988年、中央大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。立命館大学法学部助教授、ストックホルム大学客員研究員、立命館大学政策科学部教授などを経て、北海道大学大学院法学研究科教授(比較政治、福祉政策論専攻)、博士(政治学)

福祉政治―日本の生活保障とデモクラシー(有斐閣Insight) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:宮本 太郎(著)
発行年月日:2008/09/10
ISBN-10:464117802X
ISBN-13:9784641178021
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
ページ数:220ページ
縦:19cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 福祉政治―日本の生活保障とデモクラシー(有斐閣Insight) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!