古楽のすすめ 新版 (オルフェ・ライブラリー) [単行本]
    • 古楽のすすめ 新版 (オルフェ・ライブラリー) [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009000987058

古楽のすすめ 新版 (オルフェ・ライブラリー) [単行本]

  • 5.0
価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2010/06/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

古楽のすすめ 新版 (オルフェ・ライブラリー) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    音楽の仕組み、音階や形式、楽器など、クラシック音楽のさまざまな要素が、どのように生まれ発展し変化をとげてきたのか…「バロック期の音楽」(新規書き下ろし)の、器楽曲(ソナタ、協奏曲)、声楽曲(カンタータ、オラトリオ、オペラ)はそれぞれがどのような過程をたどり進化をとげたのか…etc.古楽ファンのみならずオペラ・ファンにも目から鱗が落ちる名解説。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 古楽とは何か
    第2章 時代から時代へ
    第3章 ミューズをめぐって
    第4章 古代ギリシャからの遺産
    第5章 ド・レ・ミの起源
    第6章 シャープとフラットの歴史
    第7章 古楽の楽器をめぐって
    第8章 バロック器楽曲の発展―ソナタ、コンチェルト、そしてシンフォニア
    第9章 バロック声楽曲の発展―カンタータ、オペラ、そしてオラトリオ
    第10章 音楽家になる道
    第11章 忘れ去られた音楽について
    第12章 即興演奏について
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    金澤 正剛(カナザワ マサカタ)
    1934年東京生まれ。1957年国際基督教大学卒業、1966年ハーヴァード大学大学院博士課程修了(音楽学)。国際基督教大学非常勤講師、ハーヴァード大学イタリアルネサンス研究所(フィレンツェ)研究員、アンティオーク大学およびアールハム大学の客員教授などを経て、1982年国際基督教大学教授に就任、同大学宗教音楽センター所長を兼務、2004年より同大学名誉教授。日本音楽学会、日本オルガン研究会、キリスト教礼拝音楽学会等の会長を歴任

古楽のすすめ 新版 (オルフェ・ライブラリー) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:金澤 正剛(著)
発行年月日:2010/07/05
ISBN-10:4276371058
ISBN-13:9784276371057
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
ページ数:263ページ ※258,5P
縦:19cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 古楽のすすめ 新版 (オルフェ・ライブラリー) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!