物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国(中公新書) [新書]
    • 物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国(中公新書) [新書]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000987673

物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国(中公新書) [新書]

  • 4.0
価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2002/08/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国(中公新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも、独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し続けたウクライナ。不撓不屈のアイデンティティは、どのように育まれてきたのか。スキタイの興亡、キエフ・ルーシ公国の隆盛、コサックの活躍から、一九九一年の新生ウクライナ誕生まで、この地をめぐる歴史を俯瞰。人口五〇〇〇万を数え、ロシアに次ぎヨーロッパ第二の広い国土を持つ、知られざる「大国」の素顔に迫る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 スキタイ―騎馬と黄金の民族
    第2章 キエフ・ルーシ―ヨーロッパの大国
    第3章 リトアニア・ポーランドの時代
    第4章 コサックの栄光と挫折
    第5章 ロシア・オーストリア両帝国の支配
    第6章 中央ラーダ―つかの間の独立
    第7章 ソ連の時代
    第8章 三五〇年間待った独立
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    黒川 祐次(クロカワ ユウジ)
    1944年(昭和19年)、愛知県に生まれる。東京大学教養学部卒業。外務省入省後、在モントリオール総領事、駐ウクライナ大使・駐モルドバ大使(兼務)、衆議院外務調査室長などを経て、現在、駐コートジボワール大使、駐ベナン・ブルキナファソ・ニジェール・トーゴー大使(兼任)

物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国(中公新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:黒川 祐次(著)
発行年月日:2002/08/25
ISBN-10:4121016556
ISBN-13:9784121016553
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:外国歴史
ページ数:268ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!