藤田嗣治 手しごとの家(集英社新書ヴィジュアル版) [新書]
    • 藤田嗣治 手しごとの家(集英社新書ヴィジュアル版) [新書]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月24日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000988972

藤田嗣治 手しごとの家(集英社新書ヴィジュアル版) [新書]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月24日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2009/11/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 160683位

藤田嗣治 手しごとの家(集英社新書ヴィジュアル版) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本人の美術家として初めて国際的な美術界と市場で成功を収めた藤田嗣治。彼はまた、当時の男性には珍しく、身のまわりのものをことごとく手づくりし、暮らしを彩った、生活の芸術家でもありました。裁縫、大工仕事、ドールハウス、写真、旅先で収集したエキゾティックな品々…。本書では絵画作品にも描かれた、藤田がこよなく愛したものたちに焦点を絞り、そのプライベートな非売品の創作世界を解きあかします。本邦初公開の藤田撮影の写真、スクラップブックなど、貴重な図版多数をカラーで掲載。ここに現代美術の先駆者としての藤田嗣治が、蘇ります。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 住まう(住まい=アトリエ
    インテリア)
    第2部 手づくりする(裁縫
    大工仕事
    絵付け)
    第3部 集める(フランスでの収集―パリの蚤の市
    旅の思い出―中南米と東アジア)
    第4部 写す・写される(被写体として
    アマチュア写真家として)
    第5部 書く(日記と絵手紙)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    林 洋子(ハヤシ ヨウコ)
    1965年、京都市生まれ。京都造形芸術大学准教授。東京大学文学部卒業、同大学院、パリ第一大学博士課程修了。東京都現代美術館学芸員を経て現職。博士(パリ第一大学)。専門は美術史、美術評論。著書『藤田嗣治 作品をひらく―旅・手仕事・日本』(名古屋大学出版会、2008)で、第三〇回サントリー学芸賞、第二六回渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトンジャパン特別賞ほかを受賞

藤田嗣治 手しごとの家(集英社新書ヴィジュアル版) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:林 洋子(著)
発行年月日:2009/11/22
ISBN-10:4087205193
ISBN-13:9784087205190
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:絵画・彫刻
ページ数:205ページ
縦:18cm

    集英社 藤田嗣治 手しごとの家(集英社新書ヴィジュアル版) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!