女四世代、ひとつ屋根の下(講談社文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 女四世代、ひとつ屋根の下(講談社文庫) [文庫]

    • ¥52316ポイント(3%還元)
100000009000989565

女四世代、ひとつ屋根の下(講談社文庫) [文庫]

価格:¥523(税込)
ポイント:16ポイント(3%還元)(¥16相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:講談社
販売開始日:2011/03/15
ご確認事項:返品不可

女四世代、ひとつ屋根の下(講談社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「大きいおばあちゃま」と呼ぶ曾祖母と「小さいおばあちゃま」と呼ぶ祖母、そして両親と私たち姉弟。曾祖父と祖父を早くに亡くし、女が四世代。それが中村家の「家族」だった。大家族での暮らし、大好きな父の死、奇跡的な三人目の出産、日本を離れたパリでの子育て。次世代に伝えたい家族の有り様。文庫書下ろし。
  • 目次

    はじめに 大きいおばあちゃまと小さいおばあちゃま
    第一章 アナウンサー、中村江里子のこと
     なぜアナウンサーを目指したか
     母の大反対
     バッシングされたときのこと
     フジテレビ退社を決めた理由
    第二章 育ったのは、サザエさんのような大家族
     サザエさんのような七人家族
     住んでいた家のこと
     大家族の食卓
     両親の性格
     タイでの生活
     小さいおばあちゃまと大きいおばあちゃま
     火打ち石とサンタクロース
     家族が大好き!
     世界平和を願うためには……
    第三章 実家が経営する、十字屋のこと
     高祖父が銀座
  • 出版社からのコメント

    ひとつ屋根の下に、曾祖母、祖母、母、子どもたちと四世代が住んでいた中村家。中村江里子の「品」はここから生まれた。
  • 内容紹介

    「大きいおばあちゃま」と呼ぶ曾祖母と「小さいおばあちゃま」と呼ぶ祖母、そして両親と私たち姉弟(きょうだい)。曾祖父と祖父を早くに亡くし、女が四世代。それが中村家の「家族」だった。大家族での暮らし、大好きな父の死、奇跡的な三人目の出産、日本を離れたパリでの子育て。次世代に伝えたい家族の有り様。


    立川談志師匠も応援!
    中村江里子の四代の歴史、さあてどんなんか、読んでみるかネ。
    ちなみに私も四代の暮しをしている。関係ねえか。

    「大きいおばあちゃま」と呼ぶ曾祖母と「小さいおばあちゃま」と呼ぶ祖母、そして両親と私たち姉弟(きょうだい)。曾祖父と祖父を早くに亡くし、女が四世代。それが中村家の「家族」だった。大家族での暮らし、大好きな父の死、奇跡的な三人目の出産、日本を離れたパリでの子育て。次世代に伝えたい家族の有り様。<文庫書き下ろし>

    第一章 アナウンサー、中村江里子のこと
    第二章 育ったのは、サザエさんのような大家族
    第三章 実家が経営する、十字屋のこと
    第四章 中村の家族のこと
    第五章 海を越えた結婚
    第六章 パリでの子育て
    第七章 お金のはなし
    第八章 家族から受け継いだもの、子どもに受け継ぎたいこと
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中村 江里子(ナカムラ エリコ)
    1969年3月11日生まれ。立教大学経済学部卒。’91年フジテレビ入社。『カルトQ』『どうーなってるの?!』などの番組を担当。’99年退社し、フリーに。その後、生活の拠点をパリに移す。2001年9月にフランス人のシャルル・エドワード・バルト氏と結婚。現在1男2女の母

女四世代、ひとつ屋根の下(講談社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:中村 江里子(著)
発行年月日:2011/03/15
ISBN-10:4062768623
ISBN-13:9784062768627
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:210ページ
縦:15cm

    講談社 女四世代、ひとつ屋根の下(講談社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!