ニコ・ピロスマニ 1862-1918 [単行本]
    • ニコ・ピロスマニ 1862-1918 [単行本]

    • ¥6,380192ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000991114

ニコ・ピロスマニ 1862-1918 [単行本]

価格:¥6,380(税込)
ポイント:192ポイント(3%還元)(¥192相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文遊社
販売開始日:2008/03/13
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 183639位

ニコ・ピロスマニ 1862-1918 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本初の画集、待望の刊行!カラー図版189点収録。主要展覧会履歴、ピロスマニ略年譜収録。孤高の画家をめぐる15エッセイ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    作品
    それぞれのピロスマニ(居酒屋の“伯爵”―ニコ・ピロスマニ物語
    ニコ・ピロスマニ―流浪の彼方から
    「へたうま」の力―ピロスマニの祝宴の世界
    ピロスマニ
    放浪者の誇りと光栄―ニコ・ピロスマナシビリへの一視点
    さびしいピロスマニ
    絵本「大きな木の家」のこと
    グルジアの都、トビリシ
    聖なるくさび画
    みんなのニカラ ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ピロスマニ,ニコ(Pirosmani,Niko)
    1862年、グルジアのカヘティ地方の農村ミルザーニに生まれる。父母を相次いで亡くし、8歳のとき首都ティフリス(現トビリシ)に出る。10歳~12歳ごろ、親戚の貴族カランタロフ家にひきとられた。幼いころから読書や絵を描くことを好み、長じて印刷工などの職に就いたが、28歳のときカランタロフ家の若い未亡人への失恋をきっかけに家を出たと伝えられる。1890年以降、鉄道員として4年ほど勤務。職権を利用してコーカサス地方をあまねく旅した。その後、友人とともに雑貨店をひらき、成功をおさめる。ところが束縛を嫌う気質もあいまってか商売に身が入らず、やがて店をたたむはめに。以来、絵筆を片手に放浪の生活に入る。居酒屋の壁や看板に絵を描いては、その報酬として酒や食事を得た。1912年、ペテルブルグからやってきた若い前衛芸術家たちに見出され、一躍脚光を浴びる。翌年モスクワで行われた展覧会に作品が出品され、グルジア画家協会会員にも名を連ねたが、しかし放浪の暮らしはその後も変わることはなかった。やがて大戦の影がさし、絵の注文が減るとともに生活は貧困を極める。1918年、町の片隅で死去。独自の手法により、人物や動物、農村風景、伝説などを透徹した視線で描いた作品群は、没後も国内外から高い評価を受け、現在もグルジアを代表する国民的画家として、人々から親しまれている。愛称はニコ、ニカラ。グルジア語の発音に近い表記ではニコロズ・ピロスマナシヴィリ

ニコ・ピロスマニ 1862-1918 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文遊社
著者名:ニコ ピロスマニ(著)
発行年月日:2008/03/10
ISBN-10:4892570567
ISBN-13:9784892570568
判型:規大
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
ページ数:247ページ
縦:31cm

    文遊社 ニコ・ピロスマニ 1862-1918 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!