職業としての政治/職業としての学問(日経BPクラシックス) [全集叢書]
    • 職業としての政治/職業としての学問(日経BPクラシックス) [全集叢書]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月16日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000993129

職業としての政治/職業としての学問(日経BPクラシックス) [全集叢書]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月16日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日経BP社
販売開始日:2009/02/20
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 144527位

職業としての政治/職業としての学問(日経BPクラシックス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    第一次世界大戦に敗北したドイツ。革命運動に走る多くの若者たちを前に、ウェーバーが静かに訴えたことは―。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    職業としての政治
    職業としての学問
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ウェーバー,マックス(ウェーバー,マックス/Weber,Max)
    1864~1920。ドイツを代表する社会科学者。論文『プロデスタンティズムの倫理と資本主義の精神』では、ヨーロッパにおける資本主義発展の原動力は世俗内禁欲を生活倫理とするプロテスタンティズムが担ったと分析。下部構造が上部構造を規定するという唯物史観に真っ向から異を唱えた。宗教社会学、法社会学、経済史など広範な分野で膨大な業績を残した。政治学の丸山真男、経済史の大塚久雄など日本を代表する学者に大きな影響を与えた

    中山 元(ナカヤマ ゲン)
    思想家・翻訳家。1949年生まれ。東京大学教養学部中退。インターネットの哲学サイト「ポリロゴス」を主宰

職業としての政治/職業としての学問(日経BPクラシックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP社
著者名:マックス ウェーバー(著)/中山 元(訳)
発行年月日:2009/02/23
ISBN-10:4822247228
ISBN-13:9784822247225
判型:B6
発売社名:日経BP出版センター
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:社会科学総記
ページ数:263ページ
縦:20cm
横:12cm

    日経BP社 職業としての政治/職業としての学問(日経BPクラシックス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!