日本語力の基本―つい使ってしまうけれど、じつは間違っている72の表現 [単行本]

販売休止中です

    • 日本語力の基本―つい使ってしまうけれど、じつは間違っている72の表現 [単行本]

    • ¥1,40443ポイント(3%還元)
100000009000995565

日本語力の基本―つい使ってしまうけれど、じつは間違っている72の表現 [単行本]

価格:¥1,404(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本実業出版社
販売開始日:2011/11/26
ご確認事項:返品不可

日本語力の基本―つい使ってしまうけれど、じつは間違っている72の表現 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ちょっと待った、その日本語、へんですよ。怪しい日本語を使っていませんか?正しい知識をつけて、誤解のないコミュニケーションを。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 つい、使ってしまう、ちょっとおかしな表現(相手の好意を断るときに「大丈夫です」と言う?
    「~てもらってもいいですか」は新しい「依頼の表現」? ほか)
    第2章 しっかり覚えたい言葉の意味と使い方(不自然な名詞化を避ける(1)「お客様混雑」
    不自然な名詞化を避ける(2)「休み止め」「食い飽き」「お客様対応」 ほか)
    第3章 丁寧化しすぎ!?おかしな敬語(謙譲語に現れる「を入れ」という誤用
    尊敬の二重敬語 ほか)
    第4章 文法や「てにをは」のルールを復習しよう(「ら抜き」言葉
    「れ足す」言葉 ほか)
    第5章 知らないと恥ずかしい漢字・ことわざの使い方(漢字の読み間違い(1)「シュツゴク」「ジジカイ」など
    漢字の読み間違い(2)「タニンゴト」「シツビョー」 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    野口 恵子(ノグチ ケイコ)
    1952年愛知県生まれ、東京育ち。日本語・フランス語教師。青山学院大学文学部フランス文学科卒業後、パリ第八大学に留学。放送大学「人間の探究」専攻卒、東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。フランス語通訳ガイドを経て、90年より大学非常勤講師。文教大学、東京富士大学、国立看護大学校で教鞭をとる

日本語力の基本―つい使ってしまうけれど、じつは間違っている72の表現 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本実業出版社
著者名:野口 恵子(著)
発行年月日:2011/12/01
ISBN-10:4534048866
ISBN-13:9784534048868
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本語
ページ数:190ページ
縦:19cm

    日本実業出版社 日本語力の基本―つい使ってしまうけれど、じつは間違っている72の表現 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!