弁護士仕分け人が語る事業仕分けの方法論―官の行動原理を理解する4つの視点 [単行本]

販売休止中です

    • 弁護士仕分け人が語る事業仕分けの方法論―官の行動原理を理解する4つの視点 [単行本]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
100000009000995637

弁護士仕分け人が語る事業仕分けの方法論―官の行動原理を理解する4つの視点 [単行本]

価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本評論社
販売開始日:2010/12/17
ご確認事項:返品不可

弁護士仕分け人が語る事業仕分けの方法論―官の行動原理を理解する4つの視点 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 事業仕分けの本質は「検証可能な行政の実現」
    第2章 費用最大化を目指す官の行動原理を見抜け―事業仕分けの視点その1
    第3章 恣意的分配や利益誘導を許すな―事業仕分けの視点その2
    第4章 大義名分に惑わされず費用対効果を検証せよ―事業仕分けの視点その3
    第5章 肥大化と自己目的化に待ったをかけよ―事業仕分けの視点その4
    第6章 事業仕分けを「行政の漢方薬」にするために
    補論 事業仕分け第3弾(再仕分け)について
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    水上 貴央(ミズカミ タカヒサ)
    弁護士(第一東京弁護士会所属)。北海道札幌市生まれ。札幌南高校を経て一橋大学商学部経営学科卒業。銀行系シンクタンクに勤務の後、早稲田大学法務研究科法務博士となる(現在、同研究科アカデミックアドバイザー兼アカデミックコーディネーター)。国の事業仕分け第1弾後半より直近第3弾まで民間評価者(仕分け人)を務める。2010年からは地方自治体事業仕分けの仕分け人も務めている

弁護士仕分け人が語る事業仕分けの方法論―官の行動原理を理解する4つの視点 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本評論社
著者名:水上 貴央(著)
発行年月日:2010/12/20
ISBN-10:4535518238
ISBN-13:9784535518230
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:256ページ
縦:19cm

    日本評論社 弁護士仕分け人が語る事業仕分けの方法論―官の行動原理を理解する4つの視点 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!