人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか [単行本]
    • 人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか [単行本]

    • ¥1,57148ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000996053

人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか [単行本]

価格:¥1,571(税込)
ポイント:48ポイント(3%還元)(¥48相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2012/02/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ボランティア経験なしの早稲田大学大学院(MBA)専任講師が、日本最大級の支援組織「ふんばろう東日本支援プロジェクト」をどうやってつくったのか?代表の著者がはじめて明かす、人を助ける仕組みと支援の舞台裏。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 絶望と希望のあいだ―南三陸町レポート
    第2章 「ふんばろう東日本」の拡大とインフラとしてのツイッター、ユーストリーム、フェイスブック
    第3章 「重機免許取得プロジェクト」―陸前高田市消防団と志津川高校避難所
    第4章 半壊地域の苦境と「家電プロジェクト」の立ち上げ
    第5章 「ほぼ日」と糸井重里―「西條剛央の、すんごいアイディア。」外伝
    第6章 多数のプロジェクトをどのように運営していったのか?
    第7章 「一戦必勝」を実現する組織づくりの秘訣
    第8章 ポスト3・11に向けた人を助ける仕組みと提言
    おわりに 僕の声が君に届けば
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西條 剛央(サイジョウ タケオ)
    早稲田大学大学院(MBA)専任講師(専門は、心理学と哲学)。「ふんばろう東日本支援プロジェクト」代表。1974年、宮城県仙台市生まれ。早稲田大学大学院で博士号(人間科学)取得。「構造構成主義」という独自のメタ理論を創唱。この理論を用い、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げ、ボランティア未経験ながら日本最大級のボランティア・プロジェクトへと成長させる

人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:西條 剛央(著)
発行年月日:2012/02/16
ISBN-10:4478017972
ISBN-13:9784478017975
判型:B6
対象:実用
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:317ページ
縦:19cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!