政府と反乱―すべての男は消耗品である。〈Vol.10〉(幻冬舎文庫) [文庫]
    • 政府と反乱―すべての男は消耗品である。〈Vol.10〉(幻冬舎文庫) [文庫]

    • ¥54433ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000996935

政府と反乱―すべての男は消耗品である。〈Vol.10〉(幻冬舎文庫) [文庫]

価格:¥544(税込)
ポイント:33ポイント(6%還元)(¥33相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2012/08/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

政府と反乱―すべての男は消耗品である。〈Vol.10〉(幻冬舎文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    現代の社会情勢は恋愛とセックスを語るには向いていない。経済的疲弊に比例して公共事業が激減し、シャッター通りが増え、夫のリストラで主婦が売春するケースもあるという。我々は死なずに生きのびるだけで精一杯である。だがこのまま自信と誇りと精神の安定を失ったままでいいのだろうか?再起を図り、明日を逞しく乗り切るヒントに満ちた一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    韓国ドラマ『砂時計』とイジョンジェ
    パキスタンとタリバン
    セミのシャワーと朝青龍
    社会的信頼と安倍晋三
    官能と広東料理
    ミシュランの星とサルコジ大統領
    置き去りにされる人とショットガン
    ねじれ国会と医療危機
    イージス艦とNYフィル平壌公演
    日本のゆっくりした衰退と大手既成メディア〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村上 龍(ムラカミ リュウ)
    1952年長崎県生まれ。76年「限りなく透明に近いブルー」で第七五回芥川賞を受賞。「コインロッカー・ベイビーズ」で野間文藝新人賞。「半島を出よ」では野間文藝賞、毎日出版文化賞を受賞。『トパーズ』『KYOKO』で映画監督も務めた

政府と反乱―すべての男は消耗品である。〈Vol.10〉(幻冬舎文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:村上 龍(著)
発行年月日:2012/08/05
ISBN-10:4344419081
ISBN-13:9784344419087
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:156ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 政府と反乱―すべての男は消耗品である。〈Vol.10〉(幻冬舎文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!