「大学町」出現―近代都市計画の錬金術(アルケミー)(河出ブックス) [全集叢書]
    • 「大学町」出現―近代都市計画の錬金術(アルケミー)(河出ブックス) [全集叢書]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000997558

「大学町」出現―近代都市計画の錬金術(アルケミー)(河出ブックス) [全集叢書]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:河出書房新社
販売開始日:2010/08/12
ご確認事項:返品不可

「大学町」出現―近代都市計画の錬金術(アルケミー)(河出ブックス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    大都市の郊外には「大学」、「学園」とついた駅名や地名がある。大学キャンパスの存在が郊外開発と密接にかかわっていたからである。箱根土地の堤康次郎、東急の五島慶太、阪急の小林一三などの実業家、後藤新平、関一のような政治家、内田祥三、本多静六ら建築家や造園家、そこにはさまざまに都市計画の理想を描いた者たちの「顔」が見える。一橋大学、東京工業大学、慶應義塾大学(日吉)、名古屋大学、関西学院、大阪市立大学…東京・名古屋・大阪を舞台に、都市計画の揺籃期における苦闘のドラマを描き出す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 「大学町」の成立背景
    第1章 「国立大学町」はいかにつくられたか
    第2章 沿線開発と大学町
    第3章 大学町の展開とキャンパス・デザイン
    第4章 大学をわが村へ―組合による郊外開発と大学町
    第5章 近代都市計画の理想とキャンパス
    終章 近代都市計画の錬金術
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    木方 十根(キカタ ジュンネ)
    1968年岐阜県生まれ。名古屋大学卒業後、東京藝術大学大学院、名古屋大学助手を経て、鹿児島大学大学院理工学研究科准教授。専門は、建築・都市計画史。2004年度日本都市計画学会論文奨励賞受賞

「大学町」出現―近代都市計画の錬金術(アルケミー)(河出ブックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:河出書房新社
著者名:木方 十根(著)
発行年月日:2010/08/30
ISBN-10:4309624197
ISBN-13:9784309624198
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:217ページ
縦:19cm

    河出書房新社 「大学町」出現―近代都市計画の錬金術(アルケミー)(河出ブックス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!