向田邦子の遺言(文春文庫) [文庫]
    • 向田邦子の遺言(文春文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009000998222

向田邦子の遺言(文春文庫) [文庫]

  • 4.0
価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2003/12/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

向田邦子の遺言(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    死の予感と家族への愛。茶封筒の中から偶然発見した原稿用紙への走り書きは姉の遺言だった。没後二十年、その詳細を、実妹が初めて明らかにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ちりばめられた姉の声
    根来の器の中に
    第一の遺言状
    一九七一年の姉
    遺言状と『ままや』
    『父の詫び状』けしからん
    あっぱれ遺言状もどき
    母は強かった
    氷川坂
    青山
    マミオの引っ越し
    保険
    宋胡録
    印税
    『ままや』に託されたもの
  • 出版社からのコメント

    どこで命を終るのも運です--原稿用紙の走り書きは遺言だった。死の予感と家族への愛があふれたその内容を実妹が詳細に解説する
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    向田 和子(ムコウダ カズコ)
    昭和13(1938)年東京生れ。長姉は向田邦子。実践女子短大を卒業後、保険会社などに勤務。その後、喫茶店経営を経て小料理屋「ままや」を開店、20年間営業を続けるが、平成10年3月に閉店

向田邦子の遺言(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:向田 和子(著)
発行年月日:2003/12/10
ISBN-10:4167156075
ISBN-13:9784167156077
判型:文庫
発売社名:文藝春秋
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:205ページ
縦:16cm
重量:111g
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 向田邦子の遺言(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!