青い絵具の匂い―松本竣介と私 改版 (中公文庫) [文庫]
    • 青い絵具の匂い―松本竣介と私 改版 (中公文庫) [文庫]

    • ¥75423ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000998430

青い絵具の匂い―松本竣介と私 改版 (中公文庫) [文庫]

価格:¥754(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日:2012/07/21
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 146937位

青い絵具の匂い―松本竣介と私 改版 (中公文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    静謐な空間に時代の不安定な様相をも描出した夭折の画家松本竣介。親しく過ごした著者がその出会いから死まで、さらには没後の竣介絵画の評価と画壇事情を歴史的に記す貴重な証言。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    享年三十六歳
    「運河風景」
    生きている画家
    戦時下の一画家の信念
    俊介から竣介へ
    空襲と本郷洋画研究所
    東京大空襲
    生涯で一番長い日
    絵具がない!
    油絵具の秘法
    戦争画の眠っている場所
    絵の精神
    一点だけの版画
    国画展の懇親会
    第一回美術団体連合展
    第十一回自由美術展の初日
    思い出の芝生会議
    師・阿以田修
    自由な精神
    鶴岡政男の大福餅
    塊の裸婦
    最期の微笑み
    竣介没後
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中野 淳(ナカノ ジュン)
    1925(大正14)年東京生まれ。洋画家。武蔵野美術大学名誉教授。川端画学校に学ぶ太平洋戦争中の43(昭和18)年、新人画会展で松本竣介の絵と出会い、その画室を訪う。戦後は自由美術会員、主体美術創立会員を経て94年、同志と新作家美術会を結成し毎回出品。86年、七〇点の自選回顧展。東京、関西の美術館・画廊・百貨店で個展。日本秀作美術展、戦後日本のレアリズム展に招待出品。57年国際美術展(モスクワ)で受賞。93年小山敬三美術賞受賞

青い絵具の匂い―松本竣介と私 改版 (中公文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:中野 淳(著)
発行年月日:2012/07/25
ISBN-10:4122056748
ISBN-13:9784122056749
判型:文庫
対象:教養
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:205ページ
縦:16cm

    中央公論新社 青い絵具の匂い―松本竣介と私 改版 (中公文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!