のぼうの城〈下〉(小学館文庫) [文庫]
    • のぼうの城〈下〉(小学館文庫) [文庫]

    • ¥67121ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009000998711

のぼうの城〈下〉(小学館文庫) [文庫]

  • 4.6
価格:¥671(税込)
ポイント:21ポイント(3%還元)(¥21相当)
フォーマット:
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2010/10/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

のぼうの城〈下〉(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「戦いまする」三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。「これよ、これ。儂が求めていたものは」一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。
  • 内容紹介

    2012年秋映画化原作!戦国エンタメ大作

    「戦いまする」
    三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻 負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。
    「これよ、これ。儂が求めていたものは」
    一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。
    後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。



    【編集担当からのおすすめ情報】
    2011年公開予定の映画「のぼうの城」脚本は、本作の作者、和田竜氏が担当。
    じつは、小説「のぼうの城」が出来上がる以前に、同内容の脚本「忍ぶの城」を仕上げており、脚本家の登竜門、城戸賞も受賞しています。

    図書館選書
    時は戦国。敵の十分の一以下の兵力で挑む男がいた。その男の愛称は、でくのぼう! 全く新しい英傑像を提示した痛快戦国エンターテインメント小説!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    和田 竜(ワダ リョウ)
    1969年大阪府生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。03年に、脚本「忍ぶの城」で城戸賞を受賞。07年に同作と同内容の小説「のぼうの城」を刊行し、作家デビュー。直木賞候補、本屋大賞第二位となる

のぼうの城〈下〉(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:和田 竜(著)
発行年月日:2010/10/11
ISBN-10:4094085521
ISBN-13:9784094085525
判型:文庫
発売社名:小学館
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:218ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 のぼうの城〈下〉(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!