新耳袋―現代百物語〈第3夜〉(角川文庫) [文庫]
    • 新耳袋―現代百物語〈第3夜〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年3月1日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001000449

新耳袋―現代百物語〈第3夜〉(角川文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年3月1日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:角川書店
販売開始日: 2003/06/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新耳袋―現代百物語〈第3夜〉(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自動車で深夜の国道を走る二人。沿道にレストランを探すが、行けども行けども、見つからない。そんなはずはない、何かがおかしい…。やがてその先には、驚くべき再会が待ち受けていたのだ。怪しきものたちの棲む異界へと人々を誘う、怪談集『新耳袋』。「百の怪異を語ると、怪異に至る」という、古式ゆかしい“百物語”の作法にのっとって、当代随一の怪異蒐集家のふたりが、現代に起こった怪異九十九話を紹介する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 子供のころに出会った六つの話
    第2章 不思議と出会った十三の話
    第3章 路上で出会った十五の話
    第4章 建物にまつわる十三の話
    第5章 旅先で出会った十二の話
    第6章 第三夜に関する三つの話
    第7章 やってくるものたちの十三の話
    第8章 狐狸妖怪にまつわる十三の話
    第9章 “もうひとり”と出会った三つの話
    第10章 放送に関する八つの話
  • 出版社からのコメント

    あの恐怖の夜が、この夏もやってきた・・・・・・。
  • 内容紹介

    当代きっての怪異蒐集家の二人が地道なフィールドワークを重ねてあつめた、全国各地の怪談の数々。完読したとき、あなたの身に何かが起きるかもしれない・・・・・・。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    木原 浩勝(キハラ ヒロカツ)
    1960年生まれ。怪異蒐集家、「怪談之怪」「怪談団」発起人

    中山 市朗(ナカヤマ イチロウ)
    放送作家、オカルト研究家、怪異蒐集家、「怪談之怪」発起人

新耳袋―現代百物語〈第3夜〉(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:角川書店
著者名:木原 浩勝(著)/中山 市朗(著)
発行年月日:2003/06/25
ISBN-10:4043653034
ISBN-13:9784043653034
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:303ページ
縦:15cm
他の角川書店の書籍を探す

    角川書店 新耳袋―現代百物語〈第3夜〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!