思想検事(岩波新書) [新書]

販売休止中です

    • 思想検事(岩波新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
100000009001000910

思想検事(岩波新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
日本全国配達料金無料
出版社:岩波書店
販売開始日:2000/09/22
ご確認事項:返品不可

思想検事(岩波新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    戦前、「国体」に反するとみなされた思想・言論はきびしい取締りの対象となった。治安体制の一方の核として特高警察と両輪をなした思想検察は、“倫理上の善悪の審判官”を自任し、治安諸法令の制定・運用を主導、保護観察・予防拘禁などの抑圧装置を次々と創出した。その実態と全体像を、戦後公安検察への継承性も含めて解明する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序 思想検事とはなにか
    1 「思想司法」という発想―大逆事件から三・一五事件まで
    2 弾圧と「転向」の体系―「共産党の自壊没落時代」を演出
    3 検察主導の「思想戦」―日中戦争下の取締の拡大と深化
    4 「思想国防」体制の構築―対米英開戦から敗戦まで
    5 公安検察への道―克服されないままの戦後
    結び ふたたび思想検事とはなにか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荻野 富士夫(オギノ フジオ)
    1953年埼玉県生まれ。1975年早稲田大学文学部卒業。現在、小樽商科大学教授。専攻は日本近現代史

思想検事(岩波新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:荻野 富士夫(著)
発行年月日:2000/09/20
ISBN-10:4004306892
ISBN-13:9784004306894
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本歴史
ページ数:225ページ ※218,7P
縦:18cm

    岩波書店 思想検事(岩波新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!