いかにして問題をとくか 実践活用編 [単行本]
    • いかにして問題をとくか 実践活用編 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001004699

いかにして問題をとくか 実践活用編 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:丸善出版
販売開始日:2012/04/21
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 310989位

いかにして問題をとくか 実践活用編 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    誰でも読める!日常で、ビジネスで、使える!―1954年に刊行してから半世紀以上、数学的思考法の指南書として愛され続けてきたポリア『いかにして問題をとくか』―その内容は、今でもさまざまな問題解決に活用できる不変的ヒントに満ちている。本書では、日常やビジネスの問題解決にどのように活用できるのかを、筆者ならではのユニークな視点から、平易な言葉と具体的な事例を通して読者に語りかける。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ポリアの問題解決4つのステップ
    帰納的な発想を用いる
    定義に帰る
    背理法(帰謬法)を用いる
    条件を使いこなしているか
    図を描いて考える
    逆向きに考える
    一般化して考える
    特殊化して考える
    類推する
    兆候から見直す
    効果的な記号を使う
    対称性を利用する
    見直しの勧め
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    芳沢 光雄(ヨシザワ ミツオ)
    1953年東京生まれ。東京理科大学理学部教授(理学研究科教授)を経て、桜美林大学リベラルアーツ学群教授(同志社大学理工学部数理システム学科講師)。理学博士。日本数学会評議員、日本数学教育学会理事、国家公務員採用1種試験「判断・数的推理分野」専門委員も務めた

いかにして問題をとくか 実践活用編 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:丸善出版
著者名:芳沢 光雄(著)
発行年月日:2012/04/20
ISBN-10:4621085298
ISBN-13:9784621085295
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:数学
ページ数:182ページ
縦:19cm

    丸善出版 いかにして問題をとくか 実践活用編 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!