チャイコフスキーがなぜか好き―熱狂とノスタルジーのロシア音楽(PHP新書) [新書]
    • チャイコフスキーがなぜか好き―熱狂とノスタルジーのロシア音楽(PHP新書) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月4日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001005428

チャイコフスキーがなぜか好き―熱狂とノスタルジーのロシア音楽(PHP新書) [新書]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月4日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:PHP研究所
販売開始日: 2012/02/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

チャイコフスキーがなぜか好き―熱狂とノスタルジーのロシア音楽(PHP新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    チャイコフスキーを筆頭に、ムソルグスキー、ラフマニノフ、ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、そしてショスタコーヴィチ―19世紀後半から20世紀にかけて、ロシアの作曲家たちはクラシック音楽の世界で絶対的な地位を占めている。なぜかくも私たちの心を揺さぶるのか?論理を重視したドイツの古典音楽とは対極的に、艱難の歴史と血に染まる現実を前に、ロシア音楽は、幸福を希求する激しくも哀しい感情から生み出されたのである。近年のドストエフスキー・ブームの火つけ役が、死ぬまで聴いていたい“聖なるロシアの旋律”に迫る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ レクイエムとしてのロシア音楽
    第1章 メロディの謎、またはノスタルジーという経験の全体性について
    第2章 ロシア文化の二分法
    第3章 熱狂とノスタルジー―十九世紀のロシア音楽
    第4章 暴力とノスタルジー―二十世紀のロシア音楽
    第5章 知られざる現代ロシア音楽
    第6章 偉大な芸術家に会った
    エピローグ 音楽による遺書―チャイコフスキーの死と真実
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    亀山 郁夫(カメヤマ イクオ)
    1949年栃木県生まれ。ロシア文学者、東京外国語大学長。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、同志社大学助教授などを経て、東京外国語大学教授に就任。2002年に『磔のロシア』(岩波書店)で大佛次郎賞、07年には新訳『カラマーゾフの兄弟』(光文社古典新訳文庫)で毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞を受賞し、ドストエフスキー・ブームの火つけ役となる

チャイコフスキーがなぜか好き―熱狂とノスタルジーのロシア音楽(PHP新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:亀山 郁夫(著)
発行年月日:2012/02/29
ISBN-10:4569803334
ISBN-13:9784569803333
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:音楽・舞踏
ページ数:290ページ ※284,6P
縦:18cm
他のPHP研究所の書籍を探す

    PHP研究所 チャイコフスキーがなぜか好き―熱狂とノスタルジーのロシア音楽(PHP新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!