児童虐待・解離・犯罪―暴力犯罪への精神分析的アプローチ [単行本]

販売休止中です

    • 児童虐待・解離・犯罪―暴力犯罪への精神分析的アプローチ [単行本]

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
100000009001005753

児童虐待・解離・犯罪―暴力犯罪への精神分析的アプローチ [単行本]

価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
日本全国配達料金無料
出版社:創元社
販売開始日: 2012/07/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

児童虐待・解離・犯罪―暴力犯罪への精神分析的アプローチ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    連続殺人、レイプ、強盗などの凶悪犯を数多く面接調査してきた著者は、ある重要な事実に気づく。それは、暴力犯罪は解離状態で実行される場合が非常に多いということである。また、犯罪者たちは深刻な児童虐待の被害者でもあった。これらの事実は、何を意味するのか?暴力犯罪を引き起こす心理機制に、精神分析理論をベースに最新の神経科学も駆使してアプローチし、従来の犯罪者像に一石を投じる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 暴力の物語の中の行為主体の位置づけ:「自分がやったのか?」
    第2章 言葉を持たない者たちとの対話
    第3章 犯罪者の不運
    第4章 極限の倒錯
    第5章 目覚めている間に夢みること
    第6章 結論:自覚と責任能力と制御
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    スタイン,アビー(スタイン,アビー/Stein,Abby)
    現在、ニューヨーク市立大学ジョン・ジェイ・カレッジ・オブ・クリミナル・ジャスティス助教授、ホワイト精神分析研究所研究員。犯罪心理学、児童虐待とネグレクト、犯行中の意識状態といったことについて多数の論文がある

    一丸 藤太郎(イチマル トウタロウ)
    広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得退学。博士(心理学)。1976年から1979年までホワイト精神分析研究所で精神分析の訓練を受け、精神分析家の資格を得る。帰国後、大学院で臨床心理士の養成に携わるとともに、精神分析的心理療法の実践に取り組む。現在、広島国際大学大学院実践臨床心理学専攻教授。精神分析家(ホワイト精神分析研究所)、臨床心理士、日本精神分析学会認定心理療法士、日本精神分析学会認定スーパーヴァイザー

    小松 貴弘(コマツ タカヒロ)
    広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得退学。現在、京都教育大学大学院連合教職実践研究科准教授。臨床心理士。専門は臨床心理学、精神分析的心理療法

児童虐待・解離・犯罪―暴力犯罪への精神分析的アプローチ の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:アビー スタイン(著)/一丸 藤太郎(監訳)/小松 貴弘(監訳)
発行年月日:2012/07/20
ISBN-10:4422115413
ISBN-13:9784422115412
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:227ページ
縦:22cm
その他: 原書名: Prologue to Violence:Child Abuse,Dissociation,and Crime〈Stein,Abby〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 児童虐待・解離・犯罪―暴力犯罪への精神分析的アプローチ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!