東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論(文春文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論(文春文庫) [文庫]

    • ¥59718ポイント(3%還元)
100000009001008457

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論(文春文庫) [文庫]

価格:¥597(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:文藝春秋
販売開始日:2004/03/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 841655位

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論(文春文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    文部省の「ゆとり教育」が生んだ高等教育の崩壊状況を徹底検証。その根本原因たる日本の教育制度の欠陥を、文部省の歴史、東大の歴史に求めながら、日本を知的亡国の淵からいかにして救うか、その処方箋を探る。さらに現代における教養とは何か、それはどのように獲得すればいいのかを論じて、世間に衝撃を与えた問題の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    知的亡国論
    文部省が世界最低にした日本の大学―私の東大論1
    東大法学部卒は教養がない―私の東大論2
    東大法学部は「湯呑み」を量産している―私の東大論3
    東大生諸君、これが教養である―私の東大論4
    立花臨時講師が見た東大生
    私の東大初講義
    東大生はバカになったか?
    現代の教養―エピステーメーとテクネー
  • 出版社からのコメント

    このままでは日本は知的に崩壊する! 大学に頼る時代は終った。自分で自分の“知のチャート”を作れ。著者初めての教育・教養論集
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    立花 隆(タチバナ タカシ)
    昭和15(1940)年長崎県生れ。39年東京大学仏文科卒業。49年「田中角栄研究―その金脈と人脈」(「文芸春秋」11月号)で金脈批判の先鞭をつけ、以後精力的に腐敗政治批判を続けている。58年菊池寛賞、平成10年司馬遼太郎賞受賞

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論(文春文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:立花 隆(著)
発行年月日:2004/03/10
ISBN-10:4167330164
ISBN-13:9784167330163
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:378ページ
縦:16cm

    文藝春秋 東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!